院長ブログ

2017.09.24更新

人生60年、還暦を迎える直前に自分の中で大変化がありました。

輝実という名前がずっとトラウマでした。

幼い頃から「女の子?」と聞かれていたし、

小学生になると「てるみちゃ〜ん」と茶化されていた小さなトラウマです。

名前の由来は、鳥取の祖父が毛利輝元から輝の字を取ってきて、実:みのると合わせたとか・・・

中学入学、高校入学、成人式には、セーラー服や振り袖のDMがいっぱい来ました。

輝実が「輝美」と書かれていることにも慣れてしまいました。
時には女子グループに組み分けされていることだってあります。

だから中身 女性生が強いのかしら。。。

名前を書く時も、奥山はしっかり書きますが、輝実はいつもササッと投げやり気味な字に・・・名は体を表すですね。

毎朝のお祈りの中で神さまがおっしゃいました。

豊か・笑顔・幸せ・輝き・愛・癒し・・・いろいろ願うけど、本当の願い事はどれ?

そして私が生まれた時の父母や祖父母の喜びと希望の波動が伝わってきました。

生まれた時の私自身の喜びと希望も蘇ってきました。

明るく輝く & 豊かに実る   輝と実です。

お日さまのようにあまねく人々に光を届けましょう。

豊かに実をつけて、多くの人たちを笑顔にしましょう。

すると輝実という名前が大好き!になりました。

60年経ってやっと・・・いえいえ、まだ残り半分あります。

自分の容姿、顔、性格、境遇、家族・・・誰もが大なり小なりのトラウマを抱えています。

今、そのトラウマを解消できなければ、ブラックボックスの中に入れてしまいましょう。

放っておいても大丈夫です。冷凍庫で氷らせておくイメージです。

そのうち、その時が来れば、ふっと気づいて、サッと手放すことができます。

トラウマが消えて、その本質をこころから受け入れる時が必ず来ます。

私も、明るく輝いて豊かに実る人生が始まりました。

皆さんにこの光と実りが届きますように!

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院


SEARCH



CATEGORY

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter