院長ブログ

2018.01.08更新

腎不全で透析宣告をされた患者さんが続けて初診されましたので、私の自然医学療法をパンフレットにまとめました。

1)尿断食・尿療法
自尿すべての飲尿とニンジン+リンゴジュースによる尿断食に
尿マッサージなどの尿療法の併用をお薦めします。

2)華佗刺絡氣功
安保徹先生の自律神経免疫論に基づいて

白血球の顆粒球過多=交感神経の過緊張状態 
リンパ球過多=副交感神経の過緊張状態を

手指十井穴刺絡と全身の経絡経穴疎通、華佗氣功、華佗鼎灸などを駆使して整えます。
必要に応じて、チベット尿診や霊障医学診も行います。

3)光の前世療法
腎不全の治し方の詳細を光との対話を通じて会得していただきます。

腎不全に至った根本原因に気づいていただきます。
腎不全が治った近未来のビジョンを引き寄せていただきます。


4)成長ホルモンによる免疫力&自然治癒力&蘇生力の促進
成長ホルモンは優れた全身の組織・臓器の蘇生促進効果があります。
特に古くなったり痛んでしまった臓器を蘇生する目的で不妊外来や抗加齢医学で使用されています。

自然医学の腎不全治療の根幹は、断食によるデトックスと臓器蘇生です。

成長ホルモン療法の併用は、腎臓の蘇生にアクティブに働いてくれます。

経験的には6〜8ヶ月間の成長ホルモン療法併用をお薦めします。

成長ホルモン療法の効果
活力の増強  男83%  女77%
体力の増強  男73%  女73%
健康状態の改善  男70%  女99%
病気にかかりにくくなった  男53%  女59%

5)腎不全が治ったら、やるべきことは食養生&生活養生です。
食養生は一日1食の少食療法が必須です。
ごきげん少食療法

朝:ニンジン2本+リンゴ1個のジュース

昼:ニンジン2本+リンゴ1個のジュース

夕:フリー(何でも可・お酒もデザートもOK)

玄米菜食・発酵食品中心・無農薬無添加(自然農法)食材が食毒の再蓄積を予防してくれるのでお薦めです。

生活養生
早寝早起:夜の陰が腎を養ってくれます。
太陽礼賛:世界中に数万人いる完全不食の人たちは
太陽礼賛で生命エネルギーを得ています。
瞑想・太極拳・ヨガ・散歩の併用もお奨めです。
(交感神経の緊張タイプ/副交感神経の緊張タイプによってやり方が異なりますので、ひとりひとりに直接指導させていただきます)


まぐ愛
光との対話を通じて万病の生活養生で最も大切なことがわかりました。

それはは夫婦和合です。

慢性腎不全に直結している根本原因のひとつも夫婦関係にあります。

東洋医学(タオ道教・アーユルヴェーダ・チベット密教)では、腎は男女の和合によって養われると説きます。
腎不全の方々のほとんどがこの腎精の和合不能に陥っておられます。
生活養生では、アダム徳永先生のスローセックス:まぐ愛療法をお薦めしています。

華佗鼎灸
華陀鼎灸は仙骨・丹田・会陰の3点から温めることで、心身の重心(ちょうど子宮体部のあたり:武道のハラ)にある本丹田を温補します。

仙骨を立てて姿勢を良くしましょう。

① 仙骨を立てる

② 丹田の腹筋を意識する

③ 会陰の筋肉を締める
姿勢を良くすれば、万病も老化も防げます。
運気もアップしますよ。

生きがい

腎不全という病は人生の大節目でした。
透析の人生ではなく、元気に生きられる新たな人生を天授されました。
おめでとうございます!

これからの10年、20年、30年でしっかりと天命天職を果たすことができるようにスピリチュアルケアーをさせていただいております。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter