院長ブログ

2018.01.14更新

昨夜、気持ちよく寝入っていた時に突然、右膝裏がつって目が覚めました。

よく歩いたからかな?

痛みが取れて、すぐに寝入ってしまいましたが、再び同じ膝裏がつって起こされました。

同時に「オンコロコロ センダリマトウギソワカ」のお薬師さんの真言が頭の意識体の中に聞こえてきます。

「いつもの華佗老師やチベットの仙人さんではないな? お薬師さんですね」

その瞬間に智慧が伝授されました。

腎霊双修法
腎の病は先天の腎の枯渇、後天の腎の不巡を治すべし。
枯渇は採陰補陽すべし。妻尿、蜜を得よ。
不巡は採陽補陰すべし。男尿、精を与えよ。

枯渇不巡の見極め方は?
経絡経穴と話せ。腎氣と話せ。脈と話せ。尿と話せ。

いつの尿がよいですか?
陰陽は早朝の日の出と共にある。月と清気に晒せば採陰補陽となる。日と火に晒せば採陽補陰となる。
(真言、祈り、感謝、悦び、慈愛を込めて数分〜数十分間 共に祈れば良い)

採蜜は?
妻(女でも可だが、伴侶となる決心覚悟が波動を高める)のすべてのチャクラを開き、悦楽の境地に至ると放たれる女蜜を得る。歓喜仏の放つ甘露が良い。

特に気をつけるべき点は?
腎霊は波動であるがゆえに、慈愛、感謝、献身、智慧、祈りを高めるべし。
男女和合の波動が万病を治すと心得よ。

(お薬師さんとのコンタクトは以上)

お薬師さん伝授の腎霊双修法は、明らかに腎不全の患者さんたちへの仙道であり自然医学です。

仙道の不老不死の法だとも言えます。

また華佗診の引き出しがひとつ増えましたね。

 

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter