院長ブログ

2018.05.27更新

死のステップ その3

 もう皆さんは知ってしまいましたよね。
 死んで肉体を魂が離れたら、そこは「想念の現実化」の世界だということを。
 まずは、今生で最もお気に入りだった姿になりましょう。
 どの年齢にでも若返ることができますよ。
 イメージの世界は嘘も方便な世界ですから、超美人やイケメンに修正するのもOKです。
 そして天国&極楽をイメージしましょう。
 ご自分の宗教のとおりのイメージでも、自分で自由に極楽を創っても構いません。
 先だたれた愛する伴侶や子どもとの再会をイメージすれば、とてもリアルな感動の再会のビジョンを現実化できます。
 世界旅行をしたり、未来旅行をしたりすることもできます。
 十分に想念の現実化を楽しんだら、次のステップへと昇っていきましょう。
 死んですぐのこの段階で、今生をあまりに悔やんだり、嘆いたり、反省したりをし過ぎると、魂はそんな嘆きと反省に満ちた今生を「想念の現実化」してしまいますからご用心を!
 今生をもう一度やり直したい・・・なんて想念すると、今生の始まりにタイムスリップして、そのまま今生をやり直すことになります。
 輪廻転生ではなく、平行次元の無限パラドックスにはまってしまい、抜け出せなくなってしまう恐れもありますよ。つまり、今生を何度も繰り返す。
 これは別次元の誰か(同じ魂がベストです)が救い出してくれない限り、永遠に今生をクルクル回り続けてしまいます。
 もちろん、生まれる時に前回の人生のことは忘れてしまっていますが、それでも何度も同じ人生を繰り返していると、いくつかの記憶がかすかに残っています。
 この人は初対面なのに、何となくどこかで出会ったことがある?
 この場所は初めて来たのに、何となく昔から知っているような気がする?
 この事件と同じことを、前にどこかで経験したことがある?
 これをこのまま続けると、きっと大変なことになりそうな予感がする?
 デジャブの多くは、同じ人生の繰り返し経験から来ています。

 魂の何かへの執着がとても強い場合に、同じ人生を何度も繰り返してしまいます。
 それは、お金や支配や権力などの我欲への執着のこともあります。
 セックスと愛と快感、美食と食欲と満足感、健康と生と恐怖感などの快感と煩悩が、人生の繰り返しを求めることもあります。
 その人生からどうしても学びたい智恵があるので、何度も繰り返して学び尽くそうとしていることもあります。
 デジャブの多い人生は、とても重要な人生です。
 特にデジャブが多い場面は、その人生のハイライトであり、そこに大きな気づきと学びが隠されています。
 生きている間は、その人生が何回目なのかはわかりませんが、死んで魂となれば、何度も同じ人生を繰り返してきたことがわかります。
 何度も同じところで間違えてしまったことも、いつも大切な出会いをつかみそこなってしまっていたことも、魂になればわかります。
 その人生を繰り返しながら、同じ失敗を何度も体験していけば、やがていつかは大きな気づきを得ることができます。魂はそれを求めています。
 もし今、あなたにデジャブが押し寄せていたら、それはすばらしい気づきを得て、今生を卒業できるチャンスが到来しています。
 もし今、あなたが死の床についていて、今生に気づきも幸せもなかったと悲嘆していても大丈夫です。
「リベンジするぞ!」と決心して死を迎えれば、あなたのこの世でのお葬式が終わる頃にはすでに、あなたは今生をやり直しているでしょう。
「今生がこんなに悲惨だったのだから、来生もきっとダメだろう・・・」
「今生で幸せやよいことが何もなかったのは、過去生のせいだ!」
 今生は何度でも繰り返せます。今生を悔やむことなどないのです。

 死の方の極意 その3
 今生を悔やむな!

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter