院長ブログ

2018.06.11更新

「これからの天職がわかる過去生へ」光との対話 その2

Q:これからの私の天職は何ですか?

A:おもむくままに動きなさい。動けば、出会えます。遠いかもしれないし、近いかもしれません。

Q:これからの私の天職に出会うために、何が必要ですか?

A:自然を見なさい。自然から学びなさい。答えはそこにあります。

Q:これからの私の天職と出会うために、まずどこへ行けばよいですか?

A:自分の中に入りなさい。あなたが抱え込んでいるものを解放しなさい。すべて与えられていますから、見なさい。
 あなたの中にあるものと自然の中にあるものが同じであるということを知りなさい。
 まず、呼吸を整えて、静かに、自然を感じてみなさい。音や匂い、空気の感触を感じてみなさい。

Q:これからの私の天職と出会うために、会うべき人は誰ですか?

A:花が導いてくれます。

Q:これからの私の天職と出会うための色は何色ですか?

A:朝日の出る直前の色・・・赤紫色。

Q:これからの私の天職と出会うための呪文を教えてください。

A:アブラカタブラ・・・すべての扉が開いていきます。

Q:これからの私の天職と出会った未来の私の姿を見せてください。

A:池の畔でひとり、瞑想しています。穏やかな表情です。

Q:その未来のあなたからメッセージをもらいましょう。

A:迷いを払いなさい。迷ってはいけません。ひとつのことに集中しなさい。

Q:どうしたら、迷いを払えますか?

A:すべてを受け入れなさい。許し、愛しなさい。

Q:その未来のあなたから今のあなたへメッセージとプレゼントをいただきましょう。

A:「花になりなさい」
 一輪の花がつぼみから枯れるまで、しおれても、その先を見なさい。
 花はただ咲いているばかりが美しいのではなく、咲く前も、散った後も、天に帰ります。そのように生きなさい。

Q:未来の私さん、今の私はまず何から始めたらよいのですか?

A:まずロープをほどかなければダメです。早くほどきなさい。自分でできるから、早くほどきなさい。
 (過去生で、ロープで首吊り自殺した・・・そのロープのこと)
 ロープを今、取りなさい・・・解放しました。恐れなくても大丈夫です。
 苦しい時、悲しい時、恨みたい時には、私を呼びなさい。

Q:どうやって、あなたを呼び出したらよいのですか?

A:如意輪観音菩薩

Q:私の今生の目的は何ですか?

A:とても困難な道を歩んできました。愛すること、苦しみを光に変えること、悲しみを光に変えること、恨み、つらさを光に変えることです。

Q:どうやって、光に変えればよいのですか?

A:ここにある(こころ)扉を開いて、光をあふれさせなさい。
 苦しい、悲しい想いを、この扉から出して、光と共に、光に返しなさい。

Q:そのために、まず何から始めればよいのですか?

A:光で満たしなさい。
 愛であふれさせなさい。
 愛は知識ではなく、あふれ出るものです。
 考えるのではなく、行いなさい。
 考える前に行いなさい。
 考えて出るものは、愛ではありません。

(つづく)

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter