院長ブログ

2018.08.02更新

先週の大吉方旅行 in 鳥取で書き上げた「黄泉医学 死に方の極意」の原稿をお送りしたヒカルランドさんから、出版OKのお返事をいただきました。

ヒカルランドの石井社長さんも気に入ってくださったそうです。

ありがたいことです。よかった&よかった。

人は誰でも死にます。

あなたも、私も、いずれ死にます。

あなたと私のちょっと違うところは、

私は死んだら、

どうなるのか? 

どんなプロセスが待っているのか?

どんなことができるのか?

何に気をつけなければいけないのか?

どうすれば、光の世界へと帰っていくことができるのか?

を知っていることです。

もうひとつ、私が知っていることがあります。

どうすれば、輪廻転生から卒業できるか?

何に気づけば、因果応報から解放されるか?

すべて「光の前世療法」で、たくさんの過去生の死とその後のプロセスを見てきた知恵です。

高齢化社会が進み、

食毒、薬毒、環境毒、社会毒が蔓延して、

老若男女がどんどん死を迎える時代になりました。

生老病死。もちろん病を治し、死を遠ざけたいと、日々の診療を行っています。

それでも死の急増を止めることはできません。

死んだら、どうすればよいのか?

チベット仏教と和合したままのチベット医学は、きちんと死と向きあい、死後のケアも「生きている間に」しています。

強靱なキリスト教の影響力下にある西洋医学では、死んだら・・・の世界観=キリスト教の死生観で、それほど違和感なく過ごしています。

日本は、神道、仏教、土着信仰、キリスト教など、「なんでもあり!」の世界でも希有な宗教観の民ですが、それが災いして・・・
医療は、死が敗北で、最終ゴールのままです。
宗教は、豪華な葬式宗教の器に、中身なしです。
これでは、死後の中間生の世界が、さまよえる魂たちで大渋滞してしまいます。

死後、光の世界へと帰ってしまうのは簡単です。

気をつけるべき注意点と邪鬼邪念のトラップを知っておけば、避けられます。

生前の厳しい修行や多額のお布施など、まったく不要です。

死んでしまうと、お金や権力や暴力や人脈は失ってしまいますが、知識、特に知恵は、魂になっても、ちゃんと意識体の中に残っています。

死んでも持っていられるのは、六文銭ではなく、知識と知恵です。

死んだらどうなるのか? どんなことが起こるのか? は知識です。

死んだら、こんなことをしてみよう、ワクワク は知恵です。

死を目の前にした方々に

死をちょっとでも意識した方々に

大いなる光さんから授かった「死に方の極意」をお伝えしたくて、この本を書きました。

みなさんの魂が迷わないように

みなさんと光の世界で会えるように

願っています。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter