院長ブログ

2018.09.15更新

ヘミシンク・ゲートウェイ・ヴォエッジの最終日に「パターニングF12」を行いました。

達成したいゴールや夢、願望を達成している自分をフォーカス12に設定してくるワークです。

光の前世療法:光との対話では、願望を達成した未来の自分の姿を光さんに見せてもらい、未来の自分からアドバイス&メッセージをもらうワークに相当します。

私に見えてきたのは・・・

フォーカス15で龍神たちが出迎えてくれました。
多数の龍神たちがゆっくりと右回りに泳ぐ空間を昇っていき、願望成就の聖堂に入りました。
「今回が初めてですか?」と入口で問われると、龍神さんが「初めて連れてきました」と答えてくれました。

とても大きな円筒形の聖堂で、天上は高くて見えません。円形の壁にズラッと白板が並んでいます。
それは人々が願望を書き込んだ白板でした。

「あなたの白板はフォーカス17にありますよ」

用意してきた願望をその白板に書き込み終えると、龍神さんがF17のフロアーに掲げてくれました。
すぐに宇宙人たちが集まってきて、願望の具現化の手続きを始めてくれました。

龍神さんに「明日からいろいろな人に会うでしょう。いろいろな人が助けてくれます。援助してくれます。それがその人にとっての最幸の奉仕であり、喜びだからです。さぁ どんどん人に会いなさい」と言われました。

フォーカス21に行くと、いつものモノローさんとモンロー号が待ってくれていました。

「これから地底人に会いに行こう!」

F21の大海を進み、大きくダイブして海底へ・・・海底を突き抜けると、そこは地底人の世界の海でした。

地底人の世界の港へ着いて、地底人の世界の空気を吸い込みます。

それは、ネガティブなエネルギーが皆無な、とても清々しく、温かく、心地よく、爽やかな空気でした。

うれしい、楽しい、ありがとうな風が吹き抜けます。

地上の想念が大地で浄化されて地底へ降りてきます。

だから、ネガティブなエネルギーは消え去り、熟成されポジティブに発酵した空気が地底を満たしていました。

地底の世界では、宇宙人たちも地球人も半物質のエネルギー生命体の姿で暮らしています。

フォーカス17の願望の聖堂で書いた白板を、地底人の宇宙人たちも見ていて、「こちらでも早速に準備にかかりましょう」と言ってくれました。

「これからは意識の波動を合わせるだけで、こちらに来られますよ。いつでも繋がっていますよ」

「○○さんも○○さんも地底人由来の人で、まだ地上では少し身体が慣れていないだけです。心配要りません」 と言ってくれました。

地底人の世界の太陽は、太陽の意識体が放つ生命エネルギーなので、地上で見ている太陽よりも、ずっと慈愛のエネルギーが高く感じられました。

地底人の世界にも月と星がありますが、それらも月や星の意識体が放つ生命エネルギーそのものでした。

だからでしょう、地底人の世界の植物も木々も、とても生き生きとした生命エネルギーを持っていました。

地底の人たちは、太陽の生命エネルギーと慈愛に満ちた空気だけで生きていました。

食事をすることは稀で、食べるとしても生命力旺盛な野菜や草花を少しだけいただくそうです。

地上の人たちからは、地底人の世界は見えません。時空間シールドが張ってあるからですが、「見ようとするから見えないのです」と言われました。

「意識の波動をやわらかく、優しく、美しく広げれば、いつでも感じることができますよ」

地底人の世界へのポータル:門は、今、いくつもこの地上の世界に開いています。

この地上の世界へ来ている地底人たちも増えました。

地上の世界でのネットワークを広げるのが目的です。

一度、地底人の世界へ来て、地底の空気を吸い、太陽の光を浴びると、地上に戻ってからも「あの人は地底人だ!」と波動的に感じ取れるようになります。

地底人の由来に関して尋ねると、「昔からいる」と答えてくれました。

宇宙人たちが地球の環境に慣れるための緩衝世界として、この地底人の世界を作ったのでしょう。

先の大海嘯の際には、アトランティスの極一部の人たちの意識体が逃げ込んで来たこともあったでしょう。

地底人の世界には、光の前世療法:光との対話を用いれば、簡単に行くことができます。

ヘミシンクでも、意識を強く地底人の世界へと向ければ、行くことができます。

地底人の世界を知って、地底人の波動とシンクロしておけば、この世での善き魂たちとの輪が広がっていくことでしょう。

地底人とその世界は、この世でのあなたの人生の可能性を大きく広げ、魂の波動を格段にアップしてくれます。

楽しみな世界がまたひとつ、増えましたね。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter