院長ブログ

2018.10.06更新

究極の霊障病と宇宙の神さまに宣言された方の連続ワーク
今日は「この症状は何か?がわかる過去生へ」です。

降り立ったのは・・・白い着物を着て、草履を履いています。頭に白いハチマキをして、黒髪をひとつにまとめている面長な女性でした。

そこは雲の上のようで・・・木でできた神さまの大きな玉座がありました。

白く長い顎髭の長老がそのイスに座っています。

怒った表情で、近寄って触れると、とても冷たく悲しく・・・「空」のような感じがしました。

その時、天空から観音さまが迎えに来てくださり、ギュッと抱きしめてくださると、そのままスッと天空に連れて行ってくださいました。

「ここなら安全ですよ」と、観音さまはいつもの慈愛の笑顔で言いました。

「あの冷たい長老は何ですか?」

「あれは闇が作り出したニセの世界です。あなたの中に潜み、隠れている病気が作り出したものです」

そして、観音さまが私の頭をなでながら言いました。

「とうとう最後の大きな関門まで来ましたね。これに気づいて、病を退治することは、早々容易なことではありません。でも、あなたは薄々何かあると思っていたでしょう。まだ何だかさっぱり見当がつかないと思いますが、そこをひもといていく勇気はありますか?」

「そんなに自信があるわけではありませんが、あります!」

「私たち神も、あなたに見せてもよい時期がいつなのか? ずっと考えてきました。そろそろ準備ができてきたかな? と思っていましたが、ちょっとまだ不安があるようだったら、少し待ってもいいのですよ」

「今日じゃないとダメですか?」

「別に今日じゃなくてもいいですよ。あなたの気持ちがちゃんと準備できて、元気がある時でいいですよ」

「私のこの症状は何ですか?」

「それは私の口からは言えません。あなたに自分で気づいてもらわないといけません」

「少しヒントをください」

「ヒントはありません」

「また、ここに来てもいいですか?」

「いいですよ。いつでも待っていますよ」

「その大きな関門に気づいたら、この症状は治りますか?」

「それと冷えが改善できれば、治ります」

そう観音さまは断言してくださいました。

「今日はゆっくりと休んで、体力を回復しなさい。あんまりヘロヘロしている時にやると、さっきみたいに変な神様が出てくるから気をつけてね」

観音さまはそう言いながら、私を抱きしめて、そしてこの世の肉体へと送り届けてくださいました。

***  ***  ***  ***  ***  ***

光との対話では、神意識や宇宙意識、地球意識、人間の集合意識などの意識体にアクセスします。

1)こころが素直で表裏が全くない人。

2)魂の波動が美しく&高い人。

3)光(神)さんに選ばれた人。

この3つの条件すべてに当てはまる方々はみなさん、今、「どん底」をくぐり抜けておられます。

3つのどん底:病気・お金(支配、権力、我欲の象徴)・人間関係(愛)の1〜2で地獄をくぐり抜けている真っ最中です。

どん底は、光の世界への入口です。

光の世界の住人に進化するための最終試練です。

どん底をくぐり抜けている間に、古い世界で得たものをどんどん失っていきます。

そして、どん底までたどり着いた時、最後まで握りしめていたものは「愛」です。

光の世界は愛の世界です。

愛がなければ、光の世界は見えません。

光の世界に入ることもできません。

1・2は「愛」です。

愛がある人だけが3 神さまに光の世界の住人として選ばれるのです。

1・2・3が欠けている方々は、今日の症例に出てきた「冷たい長老」を神だと崇めてしまいます。

「私の言葉は神の言葉だ」「私は神の化身だ」の世界です。

神は偉い。私はその神に次ぐ者だ。だから私は偉い・・・権威と支配にドップリのままです。

冷たい神、冷たい宇宙、冷たい愛しか知らない方々をこれまでたくさん見てきました。

光の前世療法:光との対話の個人ワークを受けられる方々はみなさん、1・2・3がそろった方々です。

ですから、冷たい神はワーク中には現れません。

光さんと繋がる感覚をしっかり体得していただき、ワーク後も、神さまと常時接続していただけるように誘導しています。

誰もが内なる神や宇宙を持っています。その声に気づき、聞こえるようになっていただきたい、と考えています。

決して「私は神だ」にはいたしません。

今日のワークでの大切な気づきは、ようやく病の関門にたどり着いたことと冷えを治すことでした。

ガイドの私には、「この世のポータルが開いた今、多くのエセ覚者が現れます。神を斬る。ホンモノの神を見極めてください」というメッセージが降ってきました。

慈愛に充ちた光さん(神さま)と長い間、大親友のようにつきあってきた意味が、今、開花しようとしています。とても楽しみです。

 

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter