院長ブログ

2018.03.31更新

ひかりの経営
光の経営者が大切にするもの

1)時間
 時間はとても大切です。お金で時間は買えますが、過ぎ去ってしまった時間を買い戻すことは出来ません。
 自家用ジェットは最たる時間の買い物です。ファーストクラスでも飛行機の発着時間はエコノミークラスと同じです。同じ飛行機に乗るわけですから。空港での待ち時間も入出国手続き待ちの時間もありますが、自家用ジェットならそれらの待ち時間はなくなります。
 あなたが自家用ジェットを持つと、自家用車で空港内の自分のジェットのタラップに横付けできます。自家用ジェットでの入出国手続きは、わざわざ担当官がジェットに乗り込んできてくれます。自家用ジェットは優先的に離発着できます。目的空港に着陸すると、機内で入国手続きを終えて、タラップに横付けされた自家用車で目的地へと出発できます。もちろん24時間、あなたのスケジュール次第でいつでも離発着できます。
 あなたは自家用ジェットの中で、安心&集中しながら仕事を続けることも、誰にも邪魔されずに休養を取ることもできます。
 自家用ジェットは現代の武士の茶室でもあります。国家レベルの超機密事項をあくまでプライベトに話し合うこともできますし、興味ある大人の人となりや本音を感じ取ることもできます。粗茶の一服だけで、こちらのすべてをさらけ出し、相手のすべてを見抜くことができる茶室のひとときを自家用ジェットで手に入れることができます。
 自家用ジェット内の豪華な設備や調度類、ベッドなどで「大富豪は美人をはべらせながら好き勝手に世界を遊び回っている」と庶民の目を欺きながら、実は世界や国家の行く末、企業の未来がしばしば自家用ジェットの中で決まってしまうこともよくあるのです。
 自家用ジェットを持っている経営者も、まだ持っていないけど天運だけは授かっている経営者も、誰もが時間を大切にしていますが、それは「早寝早起き」の習慣に見て取れます。
 一流の経営者は早寝早起きです。
 寝坊&夜更かしの経営者は三流以下だと見なされます。
 1日24時間のどこをどのように使うかで、一流と三流以下がはっきりと分かれます。
 一流が滞在するホテルのジムは朝が早いです。世界金融の中心地の一流ホテルのジムは、早朝3時や4時にオープンしているのは当たり前です。同じ系列ホテルでも、ニューヨークは早朝3時オープンですが東京は朝5時に、大阪は朝6時のオープンです。世界の一流ビジネスマンや経営者がどの国のどこに集まっているのか?はホテルの朝ジムを見れば分かります。
 一流の経営者は早朝4時までに起きます。軽く身支度を調えてジムに向かいます。日本の温泉旅館の朝のようにヒゲ面&寝ぼけ眼にヨレヨレ浴衣で温泉に向かうようなことはありません。
 ジムで泳いでフィットネスをして軽く汗を流しながら身体と脳を目覚めさせます。ヨガや瞑想をする方も多いです。
 ジムで汗を流しながら商談やオリエンテーションをしている経営者たちをよく見かけますが、サウナでオヤジ話に花を咲かせている方の中に一流の経営者は見かけません。時には、ここぞとばかりに一緒に汗を流しながらプレゼンテーションをしている若手もいます。きっと未来の一流経営者に育ってくれることでしょう。
 ジムの後は朝食時間までメール整理や情報収集をしたり、面談や小会議をします。この早朝の時間帯が一流の経営者にコンタクトしやすい時間帯です。
 ブレックファーストミーティングは数ヶ月先まで予約で一杯でも
「朝6時からのご都合は如何ですか?」と尋ねて、それがダメでも
「朝5時からのご都合は如何ですか?」と尋ねても構わないのです。それがダメでも
「では早朝ジムをご一緒させていただけますか?」でOKをいただけます。
 もし「そんな早くから!君は何を考えとるんじゃ!」と怒られたら、それは一流の経営者ではありませんので、「君子危うきに近寄らず」で縁を結ばない方が賢明です。
 一流の経営者は時間を大切にしています。ですから、自分の時間を大切にしてくれる人を大切にします。
 メールも要点のみがうれしい。
 長い挨拶文や要領の得ない長文は嫌われます。さすがに女子高生のラインのような「一文字」は商用メールでは使えませんが、誤解が生じない配慮がなされていて要点のみが分かりやすく推敲されたメールの発信者には、会ってみたいと思います。
 これはプレゼンテーションや商談でも同じです。下手な忖度は誤解の元ですから嫌われます。一流の経営者は決断力も直感力も冴えていますので、ど真ん中ストライクを投げてきてくれると心が弾んできます。小細工は通じませんが、相手の時間を大切にしたいというあなたのリスペクトは、必ず汲み取ってくれます。
 一流の経営者は仕事を終えるのも早いです。今できる仕事と今日はまだ出来ない仕事の見きわめをつけるのが早いです。
 あなたが一日の中で迷いに費やす時間はどれくらいでしょうか?
 一流の経営者には、その迷いタイムがありません。仕事も早く終わります。
 仕事を早く終えても、夜のつきあい飲み会や懇親会、政治家との会食などは極力避けます。自分のプライベートな時間もとても大切にしているからです。家族との時間、趣味の時間、お稽古の時間。どれもが自分の波動を高め、癒しをもたらしてくれる大切な生命の時間だからです。
 仕事のできる経営者は、プライベートに仕事を持ち込みません。プライベートと仕事が混在してしまうと、挙げ句の果てには生きがいを喪失してしまうことをよく知っているからです。仕事は仕事、プライベートはプライベートと明確に線引きしながら、両者のバランスを上手く取っています。これは経営者としては大切なことで、横領や使い込みの温床を自らきちんと封印する意味もあります。
 ゆったりタップリと自分の時間を使って、夜8時か9時には夢の中にいます。早寝早起きが習慣化していると、寝つけない、眠りが浅いなどの不眠症とは無縁になります。どんな場所でもすぐに寝入ってしまいます。グッスリと眠って、早朝には自然にスッキリと目が覚めます。
 早寝早起きをしている経営者は、このように一日24時間はとても短いけれども、とても長く充実した一日を過ごしています。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.03.30更新

ひかりの経営

 健康ウォーキング
 一流の経営者は、ともかくよく歩きます。
 どこへ行くにも運転手付きのリムジンに乗っているように思われていますが、実はよく歩いています。一流の人たちほど街や公園をひとりで歩いたり電車に乗ったりしたいので、「まさかあの人が・・・」と庶民に混じって歩いていると思わせないための情報操作です。
 歩くと脳が賦活されます。新しいアイデアが浮かびやすくなります。何よりも歩いていると、脳に溜まったモヤモヤやドロドロが浄化されるのが一流の経営者には嬉しいのです。
 一流の経営者は姿勢がシュッとしています。自己チェックしながら歩いているから自然と姿勢が美しくなります。
 自己チェックと言っても難しいことはしていません。
・下腹部の丹田を引っ込めます。
・お尻の穴(肛門)を絞めます。
・もうこれだけで骨盤が立ってきて、背骨が自然体のS字になります。
・肩甲骨から上腕の力が自然に抜けます。
・頭が頭頂部から天に向かって吊されたように引き上げられます。
・目線も顎も上がって、顔面筋が緩まり、仏さまの微笑み顔になります。
・喉頭ー気管が開くので長息になり、自然と腹式呼吸になります。
・背中側の督脈とお腹側の任脈に氣血が気持ちよく循環するので、丹田と仙骨を中心に下腹部から下肢が温まってきます。
・頭熱足寒が和らぐと、脳はスッキリと賦活され、さまざまな感性と共に直感力や共感力、予知力などが一気に目覚めます。
・天と繋がりやすくなるので姿勢よく歩いていると、問題解決の天啓メッセージや新しいアイデアが降り注いできます。
・姿勢よく歩いていると、まわりの景色の中に新しい発見があります。五感も鋭くなるので、彩りや香り、音やリズム、温もりや涼しさが新しいビジネスチャンスをもたらしてくれることもあります。

 歩く経営者は大地も大切にしています。公園や畑で裸足になりたがります。
 大地の上に素足で立つと、心身に溜まった邪氣や体毒が大地に吸い取られるようにして浄化されます。グラウンディングやアーシングと呼ばれています。
 大地にしっかりと根ざした大木のように、ただ立つだけです。
 心身の浄化が起こり始めると、自然と手足がゆっくりと動き始めるかもしれません。すべてをあるがままに自然に委ねます。次第に心地よい瞑想状態に入るかもしれません。感情があふれ出してきて涙がこぼれたり、何かを口ずさんだり、叫びたくなることもあります。すべてを吐き出してしまいましょう。
 やがて天と繋がった感覚になります。まわりの木々や草花が光輝いて見えたり、風が虹色に見えても心配いりません。妖精が見えたり、守護霊の声が聞こえてくることもあります。
 大地をめぐる龍神を感じたら、意識をその龍神に向けます。龍神が大地に立つ足から入ってきて丹田・仙骨にとぐろを巻くかもしれません。あなたに我欲やエゴがなければ、龍神はあなたの中脈を昇って頭頂の百会穴や北斗穴から天へと駆け上がっていくかもしれません。雷に打たれたかのように全身が痺れることもありますが、一時的ですので心配は要りません。
 龍神が駆け昇った後に天から降ってくるメッセージやアイデア、ビジョンはとても貴重で重要ですので、忘れてしまわないようにすぐに書き留めておきましょう。
 都会の公園や畑にも龍神はいますが、大きな龍神と繋がりたければ、やはり都会の喧噪から遠く離れた森林公園や神社仏閣で大地に素足で立ちましょう。
 龍神は人間の数千倍も鋭敏な五感を持っています。人間には見えないものを見て、聞こえない音を聞いて、嗅げない臭いを嗅ぎ分けます。龍の目には未来も過去も見えます。人間の生命の源の音も運命のせせらぎの音も聞き取れます。人間の腸内フローラの香りも邪鬼悪鬼の香りも嗅ぎ分けます。
 ですから龍神はタバコ臭や香水臭は大嫌いですので絶対に避けましょう。できれば龍神に会いに行く前日はプチ断食することをお薦めします。

 歩くと交感神経と副交感神経のバランスが是正されます。
 交感神経の過緊張が続くと、
・老化が進んで、シミ、シワ、くすみ、動脈硬化を起こします。
・組織破壊による炎症が起こって、ガン、胃十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病、白内障、糖尿病、痛風などを起こします。
・化膿性炎症が起こって、肺炎、肝炎、腎炎、膵炎、化膿性扁桃腺炎、口内炎、おでき、ニキビが起こります。
・組織に老廃物(痛み物質・発がん物質)が溜まって、肩こり、手足のしびれ、頭痛、腰痛、膝痛、神経痛、五十肩、脱毛、関節リウマチ、痔、静脈瘤、セルライト、歯周病、耳鳴り、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、冷え症、アトピー性皮膚炎、線維筋痛症、月経困難症、子宮筋腫、子宮内膜炎、知覚鈍麻、味覚鈍麻、視力低下、難聴、緑内障、便秘、胆石、脂肪肝などを起こします。
・精神緊張と興奮が起こって、イライラ、怒りっぽい、不眠症、のどの狭窄感、食欲減退、やけ食い、肥満、全身倦怠感、恐怖症などを起こします。
・免疫力の低下(ガンを攻撃するNK細胞・NKT細胞の働きが落ちて、ガン細胞が増殖する)が起こり、さまざまな感染症やガンを起こします。
 副交感神経の過緊張が続くと、
・リンパ球が増加して、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症などを起こします。
・血管拡張からうっ血状態となって、のぼせ、虫垂炎、頭痛を起こします。
・プロスタグランジン増加による痛みや発熱、知覚過敏が起こって、かゆみ、痛み、しもやけを起こします。
・リラックスの過剰から、うつ病、気力減退、拒食症を起こします。
・エネルギー代謝が低下するので、肥満、高血圧を起こします。
・排泄と分泌が亢進するので、下痢、骨粗鬆症、ネフローゼなどが起こります。
 交感神経が緊張している人は、セカセカと早歩きをします。表情も身体も硬い印象を受ける歩き方です。階段を好むのはよいのですが、エスカレーターも早足で歩こうとしてしまうのは困り者です。
 副交感神経が緊張している人は、ノンビリゆっくりと歩きます。いかにも面倒くさそうで怠そうな印象を受ける歩き方です。実際以上に体重が重そうな肥満体に見えます。骨盤が倒れて猫背になり、X脚やO脚で膝関節が泣いているのが聞こえて来そうな歩き方です。階段は絶対に使わず、エスカレーターやエレベーターがないところには出向きません。
 交感神経と副交感神経のバランスを整える歩き方は、姿勢がシュッとしていることは勿論ですが、子どもと一緒に手を繋いで散歩している感じがベストです。ゆったりとして気持ちでノンビリとまわりの景色を楽しみながら、五感が捕らえるさまざまなモノや気配を味わい楽しみながら歩きます。
 お散歩写真を撮るのもよいですが、できれば何も考えない無我の境地を目指して、手ぶらで、それでもワクワクしながら、ルートも決めずに風の吹くまま気の向くままに歩くのがお薦めです。美しいと思った景色や素敵だなと感じた光景は、こころの中に焼きつけておくだけにしましょう。
 ただし、理想的な無我のお散歩の最中には、しばしば天からのメッセージやアイデアが振ってきますので、コソッとポケットにメモ帳くらいは忍ばせておきましょうね。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.03.29更新

来る者は拒まず

 天意に目覚め、天運に乗った経営者は来る者を拒みません。
 倒産や破産寸前の地獄めぐりの中で、さまざまな悪鬼と出会います。人間の108の煩悩とエゴの邪鬼たちが笑顔ですり寄ってきます。
 騙されることで魂は磨かれます。
 失敗して叱られることで魂は鍛えられます。
 負けることで魂は強くなります。
 バカにされた悔しい思いが魂を柔らかくしてくれます。
 何をやってもうまくいかず天を呪ってしまうことで魂は宇宙の理を知ります。
 ひとつひとつの地獄の悪鬼と格闘し克服していくことで、魂の波動が上がり天意に目覚めます。
 多くの経営者たちは、騙されると、次からは騙す方へ回ります。叱られると、次からは些細なことで叱るようになります。叱るために重箱の隅をつついて失敗を探し出すようになります。
 どんな汚い手を使ってでも勝ちたいし、バカにされないように高級ブランドで飾り立てるようになります。ともかく相手よりも高価で有名なモノを求めます。値段と他者評価しか目に入らなくなります。
 神でさえ値段と評価でしか信じられず、愛も天地自然も宇宙の理もその暗黒面しか見えなくなります。
 魂の波動は汚れ低下してしまうのが、これまでの世の常でした。
 光の経営者は、煩悩やエゴを無くせたわけではありません。ただ、煩悩やエゴが湧き出てきた時に、静かに深呼吸してそれをそっと手放す術を身につけたのです。
 光の経営者は、自分から我欲な要求もエゴな期待もしません。来る者をあるがままに認めることができます。
 起こる事、出会う人すべてに意味があり、学びがあることを知っています。地獄をくぐり抜けてきた自信と余裕が来る者への猜疑心を消し去ってくれます。
 例えまだ騙されても、失敗しても、そこから何かを学べることを知っていると、不思議と来た者の本性がすぐに見えてしまうので、事が重大事になる前にきちんと対処できます。
 天意に目覚めた光の経営者は、自分の波動の高さをよく知っています。天意とシンクロした波動は強力なバリアーとなります。天運に乗っている間は、悪者は近寄って来られないことを知っています。天意天運が自分をしっかりと守ってくれていることを知っています。
 それでも近寄って来られた悪者は、何か天からのメッセージや学びを携えて来ていると考えるので、あるがままに受け入れることができます。
 例え悪者でも、善き波動に触れていると何かに気づき、何かを学ぶかもしれません。だから慈愛で接します。許して、信じて、あるがままを認めます。
 波動が低く汚れた悪者だからと言って、改心させようと支配したり束縛したりはしません。
 私はこの悪者から何かを学ぶ。この悪者のしでかした事から何かのメッセージを読み取る。
 この悪者は私から、この会社から何かを学び取って欲しい・・・とだけ口に出さすに念じています。
 天意と繋がり、天運を高めるのは、祈りと感謝です。
 来る者が来たことへも、祈りと感謝します。
 来る者の魂にも日々、祈りと感謝を捧げます。
 祈りと感謝の日々を送っていると、勝っても笑顔、負けても笑顔になれます。
 来る者は拒まず。
 どんな者が来ても大丈夫な自信と経験値があります。
 来る者は拒まずでいると、来るチャンスもすべてつかみ取れるようになります。
 チャンスをつかみ取る。これは経営者にとって大事な仕事であり才能です。
 この世は陰陽ですから、悪者が来ると次はチャンスが来るのが天地自然の理です。
 悪者に騙された・・・と落ち込んだり怒ったりしているヒマはありません。そんなことをしていたら、チャンスの女神は静かにサッと通り過ぎて行ってしまいます。
 悪者が来たら、腰をかがめていつでもチャンスの女神に飛びかかれるような心構えをしましょう。
 この世は陰陽太極ですから、悪者にひどく事をされるほど、次に訪れるチャンスも大きくなります。
 悪者は天のメッセンジャーですから、散々かき乱した後の去り際に素晴らしい宝地図を落としていってくれるかもしれません。
 来る者がもたらしてくれた学びが、近未来に訪れる会社の大ピンチを救ってくれるかもしれません。
 祈りと感謝さえあれば、どんな煩悩やエゴからも気づきを得られ、大きなチャンスをつかむことができることを光の経営者は知っています。だから「来る者は拒まず」です。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.03.28更新

光の経営 光の時代の経営者たちへ

去る者は追わず

 お金でも人間関係でも地獄をくぐり抜けてきた経営者は、相手の逃げを慈愛を込めて見送ることができます。
 自分自身がドン底でもがき苦しんでいる時に、何度も敵前逃亡しようとしたことがあるからこそ、苦渋をあおりながら磨き上げられた共感力が発揮されます。
 あの時の自分を思い出せば、逃げていく相手の気持ちが痛いほどよくわかります。
「オレもあの時、もう終わりにしようと決めていたんだったなぁ」
 そう思うと、もう怒りや憎しみ、悲しみなどは湧いてきません。
「あの時、あの偶然が起こらなかったら、オレも逃げ出していたよな。今のオレはなかったよな」 
 天意を知っている経営者は、去る者を止めません。
 それは、去るべき者が去るという天意かもしれません。
 それは、去る者が留まれという天意に気づけなかっただけかもしれません。
「オレはあの時、天に助けられながら、あの地獄で魂を磨き鍛え上げることができたんだ。コイツにも天の試練がやってきただけだ。その試練に立ち向かうのも逃げ出すのもコイツ次第だ。立ち向かうのなら、天意にそって出来る限りのことはしてやろう。逃げ出すなら、笑顔で見送ってやろう。コイツの魂に寄り添い、あるがままに支えるのがオレの天命だ」
 生きるか死ぬかの激戦の修羅場を共に戦い抜いてきた戦友は一生の友となります。
 親子兄弟よりも強い縁で結ばれる、と言います。
 経営者は地獄が差し迫って来た時に、ここで一生の友を天授されるのだ、と喜びます。
 役目の終わった者たちが去り、天が遣わしてくれた本物のソウルメイトだけが残ってくれます。
 親子兄弟、家族の絆が試され、本物だけが残されます。
 人生をステップアップするための千載一遇の機会ですから、魂が歓喜の声をあげて喜んでいるのが伝わってきます。
 地獄の中にいて、なぜか笑顔でいられる経営者は、間違いなく天意と共にあり、天授の友との出会いを待っているのです。
 地獄の中だからこそ、天の祝福をこころから味わえるのです。
 この世は陰陽が織りなす宇宙の理の中にあり、栄枯盛衰、すべての経営に春夏秋冬が移ろうことを天から教えられた経営者は、ドン底でも諦めません。天に護られているわずかな兆しを見つける度に、天を見上げ、立ち上がることができます。
 人生という命がけで天意を果たそうと、もがき苦しんでいる経営者の心情は、同じ地獄を見た経営者でなければ感じ取ることはできません。すべての社員が逃げ出しても、ただひとり、天意の嵐に立ち向かいます。
 そんな必死の経営者を支えようと、まるで天の雷に触れたように、共に戦い抜いてくれる友が必ず現れます。
 天意と共にある限り、去る者は追わず。追ってはならないのです。
「今月末の支払いの目処が立たない。倒産必至だ」と打ち明けた懐刀のアイツまでもが、まさか逃げ出すとは・・・と嘆く必要はありません。
 それはアイツの役割が終わっただけのことで、天意はあなたを必ずどこからか見守っています。あなたを次の高次のステップに導いています。
 アイツを笑顔で手放しても、倒産廃業の修羅場を実体験するかもしれません。それはそれで必然であり、100%あなたのための天意なので大丈夫。思っていたよりも淡々と事が運び、次の高次のステップに立っていることでしょう。
 多くの場合、修羅場は訪れません。どこからか天意に沿った救援助者が現れて、あなたの窮地を救ってくれます。
 予想だにしなかったギリギリのお金が手に入り、ギリギリのところで何とかなってくれることを経営者は知ってます。もちろんそれに甘えることは天意に背く御法度だ、ということも肝に銘じています。
 これが経営者のみが体得でき、社員には得られない天意の醍醐味です。この天意を心得ている経営者は、去る者を追いません。去る者の背中に慈愛と感謝を投げかけることができます。その慈愛と感謝が経営者のオーラーとなり風格となって、経営者の波動をより美しく高めてくれるのです。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.03.27更新

喉頭癌ステージ4の患者さんが自然医学のセカンドオピニオンを求めて受診されました。

12日前から急に右頚部が腫脹してきて近医を受診したところ喉頭癌と言われ、ガンセンターへ紹介されたそうです。生検で喉頭癌ステージ4の診断を得て、これから画像検査などの精密検査予定です。

2ヶ月前から魚の骨が刺さったような喉のチクチク感があり、1ヶ月前から少し飲み込みにくかったり、むせたりしています。

高血圧の薬を1年服用しただけですから薬害性ではなさそうです。喫煙はなしです。昨年のインフルエンザワクチンも接種していません。

診せていただくと、顎下線・耳下腺が大きく腫れており、少し熱感もありますし、強い邪氣も感じました。

アーユルヴェーダの脈診では全身にピッタが強く出ており、中層脈は胃腸の湿濁悪血による機能障害、深層脈は頭熱足寒が顕著でした。舌診も同様の所見でした。

腹診でも小腸・大腸の冷えと水毒湿濁がひどく、特に回盲部〜上行結腸に重度の湿濁悪血がありました。

長年の暴飲暴食が腸管系をひどく痛めているのが、この病の元凶だと診られます。

安保徹先生の自律神経免疫論に基づく血液検査では、白血球の顆粒球:リンパ球比率は顆粒球75%と重度の交感神経の過緊張状態でした。

さて・・・こんな急展開な喉頭癌 それもステージ4って・・・本当でしょうか?

リンパ腫や白血病なら、まだわかります。

針生検を2回やった結果が喉頭癌だったわけですが・・・なんだか癌医療の餌食になった感もぬぐえません。

まだ自然医学 食養生や生活養生の勉強もなさっていなかったので、まずは安保徹先生や森下敬一先生の本をお薦めしました。

腸管造血説では、これだけ長年の暴飲暴食で腸管が汚れ痛んでいると、食毒体毒が血液中にあふれ出して全身を駆け巡るので、頚部リンパ節が「仕方なしに」それらの食毒体毒をゴミ集積場として溜め込んで腫れ上がっていると解釈することをお伝えしました。

お薦めの治療法は、
1)尿断食+ニンジン&リンゴジュース断食を30日間やってみて、頚部腫脹の反応を診ます。
2)華佗鼎灸
3)頚部腫脹への尿マッサージや尿湿布

すでに世の中のさまざまな情報に翻弄されておられて、何をやっていいのかわからない状況だと困惑されていたので、
4)光の前世療法 光との対話で、この病の原因・意味(学び)・治し方を詳細に光さん(神さま)に尋ねることをお薦めしました。

「治るでしょうか?」のお尋ねには、当院へ来られたのも不思議な縁(ネットで北海道の食養生の先生を見つけるーその先生が尿療法の先生だったー大阪の患者さんだったので当院へ紹介された)が繋がって、今日こうやって受診されたわけですから、これは神さまがくださった病克服のチャンスですよ、とお答えしました。

光さんの神託通りの食養生と生活養生をすれば、きっと治ります と言いたかったです・・・

自由診療に少し当惑されていましたので、またしても「お金」でチャンスを逃されるかもしれないし、初見の患者さんですので、そこは控え目にさせていただきました。

今日の患者さんは、自然医学の食養生や生活養生とは対極の日々を送ってこられた方です。

このような「なぜか病」がジワジワと拡がっていなければよいのですが・・・

世界の動き、世の中の動きと重ねて俯瞰してみると、なんだか警告のように感じられます。

良い意味でも悪い意味でも、追いつめられると人は何でもします。

大戦もダメ、国家デフォルトもダメ、パンデミックもダメとなるといよいよ・・・きっとそれも大丈夫でしょう。

桜の満開がこんなにも早く訪れたのも大吉兆と喜んで、光の世界へと進んで行きましょうね。

 

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.03.27更新

久しぶりに華佗老師が夢に現れて、生き生きした新芽が美しい柳並木のお堀端に坐って雑談しました。

来月から始める経営コンサルタントが話題でした。

この2年間だけでなく、開業してからの20年間、医者になってからの35年間、お前にはたくさんの失敗や挫折を与えてきたけど、よくここまでがんばってきたね、と労ってくださいました。

この2年の試練は、いわば善きアドバイザーとなるための卒業試験のようなもので、この世の最低最悪などん底をくぐり抜けながら得た経験と智恵をこれから活かしなさい。

ずっと神々に護られていたことには気づいていますね。
あなたとこれから出会う経営者たち・リーダーたちも同じように神々に護られ導かれていることを伝えてあげなさい。
自分を信じること。神々=大いなる宇宙を信じること。
波動の大切さ。人を信じることから宇宙の理は始まること。
この世の全ては陰陽太極であること。
大いなる光のこと。慈愛のこと。生かされている意味や天職天命のこと。
新しい光の世界のこと。

そんな抽象的なことで良いのですか? と問うと、
経営者やリーダーが求めているものは、あなたが持っている経験と智恵ですよ、と背中を推してくださいました。

あなたが最近よく口にする「神さま、つかれました」 憑かれたですよね。
これからは経営者やリーダーたちからの「つかれた」の聞き役になりなさい。
あなたには宇宙も神々も光も憑いています。同じようにあなたのもとへ導かれるリーダーたちも「つかれて」います。
慈愛の共感で聞いてあげなさい。

この世の未来がまだ不安定なようなのですか? と尋ねると、
あなたが居る世界は、あなたの予感通りに大丈夫ですよ。
入ってくる情報を直感と共感でふるいにかけて、あなたの望む未来を創造しなさい。
そのための未来の経営者とリーダーたちなのですよ。

あらたなステージの始まりです。わかっていますよね。

先日の「まぐ愛セッション」もよくがんばりましたね。
今の元気な身体を与えた意味がよくわかったでしょう。

翌日のアダム徳永先生からの後継者のメッセージも、そういう意味だったのですか?と問うと、

そのとおりです。ちゃんとキャッチしましたね。
もうひとつのあなたの天職です。西谷泰人先生があなたに示した5つの天職天命のひとつです。
もうわかっていますよね。

波動の高い女性たちが壁を乗り越えて、より美しく高い波動の女性生で新しい光の世界を彩るお手伝いをしなさい。
これもあなたが生まれ持ってきた天命です。

これまでのすべての経験と智恵、持って生まれてきた天命が「今」花開く時です。
楽しみなさい。
そして、愛しなさい。

 

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.03.25更新

華佗刺絡氣功と共に「チベット尿診」を希望される方が増えています。
(注:チベット尿診は、華佗氣功刺絡の上級コースと霊障診察・治療だけで行っています)

チベット尿診とは? 「霊障医学」から抜粋しますね。

 チベット医学の診察の特徴は、脈診と尿診を重要視していることです。特に尿診は素晴らしい波動医学診断です。このチベット尿診では、鬼神に憑依されているかどうかもわかります。
 患者さんが排尿した尿を一晩、一切手を触れることなく置いておきます。鬼神に憑依されていると何らかの模様が尿に現れてきます。尿を入れた容器を亀の甲羅に見立てて、模様が現れた甲羅の位置から、どんな種類の鬼神が憑依しているかを判断します。
 南は亀の頭で父方の祖先にまつわる鬼神です。北の亀のしっぽは子どもと孫に関わる鬼神です。その他、病害の源である天衆(自分の信仰する神や守護神)の鬼神、人間に関わる鬼神、浜場の悪鬼、外部の畑に住む悪鬼、母方の祖先のまつわる鬼神、自分自身が原因の鬼神を亀の甲羅の位置で見分けます。
 天衆の甲羅に鬼神が現れると、自分か身内の親戚の誰かが死の旅路へと赴きます。
 人間の甲羅に鬼神が現れると、愛に恨みを抱いて死んだ男女が鬼神となって祟っています。
 祖先の甲羅に鬼神が現れると、患者が入手した貴重で高価なものに霊がとりついていて、その持ち主に祟っていたり、呪いに長けた呪術師に操られた霊が祟っていることがあります。
 子孫の甲羅に鬼神が現れると、伯父か伯母にまつわる霊の祟りです。
 「尿は鏡のようなものです。鏡が姿を反映するように、尿もまたすべての病を映し出します」
 チベット医学の尿診の極意とはこれです。


先日、独身女性の霊障診をしました。身体の病ではなく、人間関係や運気を気にされての受診でした。

華佗氣功診などで診せていただきましたが、特に悪鬼や邪氣は憑いていませんでした。

尿診で1日置いた尿相を診ると・・・

子と子孫の甲羅にやや強い霊障反応がありました。悲しみや寂しさの虚ではなく、怒りや憎しみの実の反応です。

その霊障から本人を護るように守護霊・守護神がバリアーを張っているのがはっきりと見えました。

この場合・・・まずテキスト通りに「伯父や伯母にまつわる霊の祟り」の有無を尋ねます。

伯父や伯母との人間関係のこじれ等です。

この方の場合、もう閉経されているので、ご自身の子や孫は今生では出てきません。

しかし人生は長いので、これから素晴らしい伴侶と巡りあえるかもしれません。

その際、伴侶が子連れだったり、独り立ちした子どもが孫を持っているかもしれません。

あるいは、里親や子どもを預かる仕事をするかもしれません。

そうです、霊障を診る場合、今生の未来からの霊障の可能性も考えなければいけないのです。

未来の伴侶の連れ子が招来、憎しみや恨みを向けてくることがわかれば、

その未来の伴侶と出会った時点で「光の前世療法 光との対話」個人ワークで、その伴侶との関係や連れ子との関係の過去生を見て、光との対話で、伴侶や連れ子との出会いの意味(学び)、過ごし方、注意点、幸せになる方法などを詳しく尋ねます。

もちろん、連れ子が霊障に陥らないようにするための方法も詳細に伝授していただきます。

仕上げは、伴侶と連れ子と自分の幸せな近未来のビジョンをしっかりと人生に焼き付けます(未来のリフレイミング)

このままだとこうなる運命だった未来を「光の前世療法 光との対話」で書き換えることで、今の霊障を祓うことができるのです。

これはチベット医学にもありません。(チベット仏教のハイレベルな僧侶なら・・・内緒です)

この女性には、まずはこのまま人生を歩んで行って、運命通りの伴侶に出会ったら、光の前世療法を受ければ大丈夫ですよ、とお伝えしました。

逆に言えば、今、いくらお祓いをしようが、霊障グッズを揃えようが、あまり意味ないわけです。

スリランカの盛大な悪魔払いの儀式なら、かなり効果がありそうですが・・・日本では出来ませんよ。

こうやってチベット尿診で霊障を診ることも、ある意味、未病で治すことに繋がっています。

過去、現在、未来、平行次元・・・どこにでもアクセスする医術が「光の前世療法 光との対話」であり、霊障医学の真骨頂なのです。

 

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.03.24更新

アダム徳永先生が今朝、昔のブログを載せておられて・・・あまりのシンクロに鳥肌が立ちました。

★アダム徳永の後継者を求めています!
8月のお盆に還暦を記念して高校の同窓会がありました。それに私は参加しました。
それぞれの人生を60年間生きてきたクラスメイトが一堂に集まりました。
顔にしわが刻まれた友人を見ながらなんだか不思議な気がしました。
穏やかな表情の裏に「山あり谷あり・波乱万丈の人生を歩んできたんだろうな…」としみじみと思ったのです。
実は自分もそうだったからです。
ところである女性の読者からメールで「アダム先生の33歳のときの霊的な体験はなんですか」と質問が寄せられました。
ホームページの自己紹介で、人生を大きく変革させる霊的体験があったと書いてあったからです。
このことはまだ皆さんには公にしていなかったですよね。
還暦を記念してお話しさせていただきますね。
私が画家をめざしてアメリカにいたときのことです。
早朝に夢をみました。
今でも鮮明に覚えている正夢です。
私はクリスチャンではありませんが、夢のなかにイエスさまが現れたのです。
私は夢の中でイエスさまと会話をしました。
私:「なぜ男女が愛し合うセックスを宗教は汚れたものとして扱うのですか」
イエスさま:「一言では言えない深い理由があります」
私:「私は男女が幸せになることが人類に平和をもたらす原点ではないかと思っています。しかし人類はセックスを卑しいものとして扱ってきました。私は男女が愛し合うためにはセックスは大切ではないかと思っています。」と矢継ぎ早に自分の思いを伝えました。
そして私:「私はセックスの大切さを世の中に広めていきたい。そのことをもって人類に貢献したい。」と訴えたのです。
するとイエスさまは「神さまを知ったものがやらずして、いったい誰がやるのか。」という返事でした。
私は無宗教ではありますが、宇宙を創造した神さまを信じていました。
私はイエスさまから背中を押された気持ちでした。
そして確信しました。「やっていいのだ!」と。
私がこれからの人生で成すべきことを決意した瞬間でした。
以後私の人生はスローセックスの研究に向けて動き出すのです。
続きは次回に…
ところで60歳を迎えた私ですが、同窓生のみんなは自然の流れに従って黄昏の人生を漂わせていましたが、私は違います。
これからが私の本番の人生です。
ようやく人間としての修業が終わった気持ちでいます。
まだまだ不完全な自分ではありますが、この日本をまた世界を愛の世界にすべく決意を新たにしている次第です。
いつまで続くかわからない自分の命ですが、これからは天からインスピレーションで受取ったスローセックスの真髄を可能な限り多くの男女に伝えていきたいと考えています。
まずは男性。
女性を大切に思い、女性を愛したい、女性を喜ばせてあげたいと思う男性のあなた。
あなたは自分の価値に気が付いていないかも知れませんが、あなたの精神性はとても崇高なものです。
なぜなら今まで男性はセックスを性欲の処理、快楽と捉えていたのです。
女性を愛で満たしてあげようという思いがなかったのです。
今までのセックスは男女の愛を分断する行為だったのです。
なぜならほとんどの女性がセックスで満たされることがなかったからです。
それは男性が悪いわけではなくセックスを愛の交流と捉える時代ではなかったのです。
ようやく長い歴史を経てセックスを愛の交流とし捉えることのできる時代を迎えたのです。
だから私が天より招命を受けてセックスの封印を解き、愛のメソッドを開示したのです。
見た目や肩書きや女性経験は問題ではありません。
あなたが女性を愛で満たしてあげたいと願う人間性をお持ちであるならば、あなたは男女の愛の幸せを受取るレベルに来ているのです。
ところで私のような存在はこれから二度と現れることはありません。
なぜなら私はセックスにおける基本的な奥義を解いてしてしまったからです。
あとから来る人はただそれを継承するだけです。
私は生きている間にこのスローセックスのメソッドを多くの男性に継承していただきたいと願っています。
私の分身が増えることがこの日本を愛の国にする基盤になると確信しているからです。
もしあなたが私の理念に共感されるならば…
このメールに直感的な何かを感じるのであれば…
きっとご縁があります。ぜひ私の元にお越しください。
そしてプライベート講習を受けてみてください。あなたは必要とされている存在です。
あなたの人生は愛にむかって開花します。
羽の見えない性の天使
アダム徳永より


そう、このアダム先生の檄文に賛同して、翌年、アダム先生のプライベートレッスンを6回受けて、アダム先生の弟子を自認してました。

あれから3年・・・アダム先生の素晴らしい智恵とテクニックを活かす機会も訪れず・・・でもきっとその時が来るという不思議な確信で今日まできました。

昨年から、まぐ愛の山田鷹夫さんとその愉快な仲間たちとのご縁が大きく広がりました。
鷹さんにはなかなか会えないなぁ(新潟と大阪)と思っていましたが、年末には鷹さんがわざわざ尋ねて来てくださいました。

鷹さんの「まぐ愛」もアダム徳永先生のスローセックスも、女性の時代、愛の時代の幕開けを強く感じさせてくれます。

私もチベット医学を学ぶ中で、仙道双修法にたどり着きました。

外来では、さまざまな病の診療や未病の医療メンテナンスを行っています。
華佗刺絡氣功術を用いると仙骨・丹田ー中脈ー百会・北斗を疎通することはできますが、その後の現実問題に突き当たってきました。
それは、どうやって疎通した仙骨・丹田ー百会・北斗のクンダリーニ龍神路に男性生&女性生エネルギーを送り込むか?でした。
裸足で大地に立つ、ヨガ、瞑想・・・どれも補佐的です。

伴侶のおられる方は、アダム先生の本やDVDをお薦めしながらの口頭指導で何とかなります。

伴侶や恋人のおられない女性には、「ちつのトリセツ」の熟読&実践をお薦めして、まずはご自身の性器と骨盤底筋群のケアーをしていただいています。

それらを真面目にやってくださっている女性たちが次の壁にぶつかってしまいます。

当院で定期的にきちんと未病の医療メンテナンスを続けてくださっている方たちは、皆さん、波動がどんどん高くなっています。
ダメ男くんやヘナチョコ君は近寄って来られない女神の領域の皆さんです。

そこで鷹さんのまぐ愛セッションを参考にしながら、アダム徳永先生のスローセックス(アダムタッチなど)や仙道双修法を取り入れた「まぐ愛セッション」を練り上げました。
(注:龍神路賦活の小周天が目的のセッションですので、交接はありません=「パンツは脱がない」です)

そして昨日、初めての「まぐ愛セッション」をしました。
20代での大好きだった初めての男性とのまぐ愛で、男性からの心ない言葉に傷つき、以来30年間、ずっと女性生卑下のままだった方です。

アダム先生に教わったテクニックと知識がこの3年間でうまく熟成されて、予想外の反応やシチュエーションにもうまく対応できました。

セッション中、何度かアダム先生がそばで嬉しそうにうなづいておられる姿が見えたのは、きっと今日のこのアダム先生の記事とシンクロしていたのでしょうね。

難易度の高いセカンドバージンの方でしたが、性感脳も全身の感度もみほとの感度もそれは素晴らしい方で、最後にはちゃんと魅力的な大人の女性になっていただけました。

昔のトラウマは完全に上書きできて、とてもご自分の女性生と身体に感謝と慈愛が沸き上がってきた、と喜んでいただけました。
アダム先生のガッツポーズも見えましたよ。

西谷泰人先生の手相&方位学では、来月の大吉方位旅行でステキな男性と出会う相だとか・・・
きっとチャンスをしっかりとつかんで、幸せな後半生40年を過ごされることでしょう。

ということで、これからは勝手にアダム徳永師匠の弟子と名乗らせていただきます(*^^)v

注:「まぐ愛」セッションは当院のVIP・馴染み患者さん専用です。「一見さんお断り」です。

P.S.今回の教訓
セッション料金(時価:光の前世療法個人ワークとほぼ同額です)は始める前にいただくこと。
至福のエクスタシーな余韻でぼわっと幸せそうにしている女性に、あの〜〜って言えなかったダメ男ちゃんでした(;^^)ヘ..
また宇宙銀行の預金になってしもうたなぁ

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.03.24更新

<昨日の続き>

母について
Q:なぜ母が胃ガンになったのですか?
A:ストレス、暴飲暴食です。依存症でやめられません。

Q:母から私は何を学んでいますか?
A:愛とは?がテーマな人です。自分とは切り離して考えなさい。彼女は彼女です。巻き込まれないようにしなさい。心の底から理解して愛する必要なありません。今生は母だっただけと思いなさい。二人の学びはありません。

Q:なぜ母は子どものような考えのままなのですか?
A:暴飲暴食で脳がマヒしています。いつの間にか、食べ物に支配されてしまっています。世の定めです。

Q:なぜ母は人のことを信用できないのですか?
A:いじめた倒された過去のカルマです。幼少期に今生でも同じ経験をしました。いじめられても誰も守ってくれませんでした。ひとりぼっちでした。今もこのカルマを持っています。彼女が自ら望んでこのカルマを持っています。繰り返せば本当に愛してくれる母に会えると思っています。しょうがないと思っています。
だから、認めてあげなさい。悪いと思わないで、良いところを見てあげなさい。優しいところを見てあげなさい。彼女の愛情を感じてあげなさい。彼女にも愛情があることをわかってあげなさい。彼女にも会いがあります。それを受け止めずに認めてあげなさい。

Q:なぜ母は意地悪なのですか?
A:さみしいから。

Q:なぜ母は人の気持ちを考えることができないのですか?
A:怖いから。変わりたくないから。

Q:なぜ母は自分のことしか考えられないのですか?
A:殻に閉じこもっているから。相手に恐怖を感じるから。受け入れてくれないと思っているから。

Q:なぜ母は愛を感じることができないのですか?
A:怖いから。自分の愛を拒否されるのが怖いから。信用できないから。愛して欲しいけど愛してもらえないというカルマです。

Q:なぜ母は兄を拒否するのですか? 無視するのですか?
A:兄を愛するのが怖いから。愛したいと思っているのが怖いのです。兄が愛して欲しいことも気づいています。でも自分を壊してまではできません。兄は気づいているはずです。

Q:なぜ母は兄にあそこまでひどいことをするのですか?
A:愛情の裏返しです。兄の求めている母にはなれません。どうしてよいのかわからないのです。

Q:なぜ母は他人に媚びるのですか?
A:愛して欲しいからです。

Q:なぜ母は家族をないがしろにするのですか?
A:他人に好かれたいから。誰かに愛されたいから。家族の愛は重いから。家族には期待してしまうから。家族には嫌われたりするから。愛して欲しいから。

Q:なぜ母はいつも孤独を選んでいるのですか?
A:孤独でいることに愛を感じるから。愛を欲しいと思うと愛を感じられるから。

Q:母の魂の学びは何ですか?
A:愛することです。孤独を知ることが大事です。

Q:母はなぜガンを克服できたのですか?
A:彼女のせいじゃなかったから。

Q:母はなぜ私に頼ろうとするのですか? 依存しようとするのですか?
A:不安だから。自分で決められないから。もう決めたことを押し通す元気はありません。頼っているつもりはありません。甘えることがわからないのです。


兄について
Q:兄への光さんからのメッセージをください。
A:病は治ります。ちゃんと愛にも包まれます。あなたは、きれいな魂の持ち主です。兄に頼ることはあきらめなさい。あなたの兄である意味はそのうちにわかります。兄の良さをわかりなさい。きっと光になりますから。

Q:兄はなぜ心の病になったのですか?
A:愛情不足です。愛が欲しいから、家族のそばにいたいから、ひとりは嫌だから、さみしいから、自分でいる方が好きだから、病気を嫌がっていません。

Q:兄はなぜ実の親に捨てられる運命を選んだのですか?
A:母に会うためです。

Q:兄はなぜすぐに死を選ぼうとするのですか?
A:方法がわからないから。母を守ろうとしています。

Q:兄の病気は私にどのような学びをもたらしていますか?
A:愛を欲しいことで病気を招きます。

Q:母と兄はどのようなカルマを持っているのですか?
A:兄は母に感謝しています。母に何も思っていません。一方的な感謝です。兄は母に冷たくされても気にしていません。それでまわりが人を痛める必要はありません。放っておけばよいです。それはカルマの問題だからです。


自分について
Q:私と血が繋がった人はなぜみんな病気になるのですか?
A:それぞれの学びです。あなたとは関係ありません。

Q:私に何か問題があるのですか?
A:マイナス思考です。誰もが持っていることを認めなさい。まわりが病気でも気にしないで、自分は自分の道を歩くのです。自分の信念を持つ努力をしなさい。あなたはあなたです。

Q:私の今生での学びは何ですか?
A:封印を解くことです。魔法使いになりなさい。広い空にあなたの学びがあります。魔法で人を変えなさい。

Q:私いはいつになったら家族の心配をしないで自分の人生を歩めますか?
A:3~5年後、8年後には絶対大丈夫です。その間は、ほとんどが子育てです。心配事がついてくるから。

Q:私にも社会と繋がる人様のお役に立てるツールは見つかりますか?
A:魔法使い。オイルの勉強を続けなさい。人の波動、光を変えなさい。

Q:私は幼い時に急に立てなくなったことがありましたが、あれはなぜだったのですか?
A:魔法にかかりました。何かが乗っかりました。薬、注射、何かのダメージでしたが、もう大丈夫です。プールと歩くのがよいです。

Q:私の今の人生にとても影響を与えている過去生を教えてください。
A:魔法使い。楽しい仲間たち。アトランティスの封印。呪文「あせらないで大丈夫」 魂は何をしていても喜ぶよ、大丈夫です。

Q:私の人生で穏やかな落ち着いた時期がないのはなぜですか?
A:目の前のものを見ているからです。あせらないことです。ちゃんと地に足を着けなさい。今、目の前のことを一生懸命にやれば、地に足が着きます。ちゃんと魔法使いになれるから大丈夫です。地に足が着けば、家族のことでぶれなくなります。今はこころがぶれているだけです。地に足を着けなさい。現実的に生きなさい。自然の力、土地の力、大いなるものへの感覚を忘れないことです。もっと地に足を根づかせて全身で感じなさい。

Q:いつも家族の誰かがゴタゴタしているのはなぜですか?
A:あなたが望んでいるからです。ヒマだから。望まないことです。小さな日常に自分を落とし込んで子育てをすることです。自分を落とし込む気持ちを外に向けないで、目の前の生活に自分を落とし込みなさい。

Q:穏やかな時間を得るために何をしたらよいですか?
A:幸せなイメージを持ちなさい。自分にとって幸せとは何かを考えなさい。穏やかな日々を望んで、子育てを目の前に置いて、気持ちを定めなさい。

Q:私は夫の新しい仕事を手伝った方がよいですか?
A:はい、こころを繋げなさい。

Q:私に○○オイルは合っていますか?
A:はい。

Q:私に○○さんの施術は合っていますか?
A:はい。

Q:私と○○先生のマヤ暦はご縁がありますか?
A:はい。

Q:私はアロマを学び続けた方がよいですか?
A:はい。

Q:私の人生の目的は何ですか?
A:今、そこに心を置きなさい。心をウロチョロさせないで、ちゃんとしっかりととめておきなさい。思考を放置しないで、マイナスぐせを自覚しなさい。心を定めなさい。

Q:私はなぜ○○家を選んできたのでしょうか?
A:龍神さまを知るためです。あなたは龍神さまのところで働いていました。龍神さまと生活していました。龍神さまを護って、きれいな気持ちで、心がここにありました。この感覚を忘れないで、お腹から光を感じなさい。今、ここにの感覚を毎日、感じなさい。幸せはここにあるという感覚です。

Q:私はなぜ母を素直に受け入れられないのですか?
A:母が学んでいないと思っていなかったから。

Q:私はそろそろ少食を始める時が来ていますか?
A:はい。奥山先生に聞きなさい。

 

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.03.22更新

<昨日の続き>

娘について
Q:娘との関係は何ですか? 私は娘から何を学んでいるのですか?
A:生き方を学んで愛を受け止めなさい。
Q:娘は私から何を学んでいるのですか?
A:きびしさ、愛。受け止める愛。
Q:娘とはこれまで何回一緒に生きましたか?
A:初めてです。
Q:娘があなたを選んだのですか? あなたが娘を呼んだのですか? 神さまが決めたのですか?
A:私が呼びました。
Q:なぜあなたは娘を呼んだのですか?
A:少食をするためです。支える、見守る、受け止めるためです。

Q:娘はなぜ病を選んで生まれてきたのですか?
A:父を生かすためです。父の生きざまをみんなに見せるためです。自分もその後を追うくらい一生懸命に生きるためです。私も負けません。
Q:娘の病は誰が決めたのですか?
A:みんなが幸せになるために、神さまが与えました。魂も知っていました。自分でも決めました。

Q:娘が点滴から離脱できる方法はありますか?
A:あります。尿療法です。身体に塗りなさい。6~8才から尿を飲みなさい。10才になれば点滴は終わります。彼女はちゃんと分かっているから大丈夫です。
Q:その方法はいつ頃出会えますか?
A:わからない(もう出会っている) オムツでポンポンしなさい。
Q:娘の点滴の肉芽はなぜ出来るのですか?
A:カテーテルを入れているから。次は治ります。
Q:娘の病は誰かの学びですか?
A:夫の学びです。自分らしく生きることを学んでいます。自分のこころを知ることを学んでいます。
Q:どうしたら肉芽はできなくなりますか?
A:幸せでいればできない。美味しいものを作りなさい。
Q:娘が食べない方がよいものはありますか?
A:ない。
Q:娘が積極的に食べてもよいものはありますか?
A:エネルギーがいっぱいの野菜。ニンジン、ピーマン、タマネギ・・・モノよりも野菜の良いエネルギーの方が大事です。食べたいと思う野菜を摂りなさい。無農薬で・・淡路島の野菜。

Q:オメガベンの脂肪製剤を投与した方がよいですか?
A:どちらでもよいです。なくてもよいです。野菜のエネルギーから摂る。
Q:イントラリポスの脂肪製剤を投与した方がよいですか?
A:はい。野菜も一緒に摂ること。

Q:娘はなぜ夫の祖母の誕生日に生まれてきたのですか?
A:祖母はずっと嫌な思いをしてきたから、嫌悪感を抱いています。嫌っています。苦しんでいることは分かってあげてください。父が理解してくれればよいのですがムリでしょう。

Q:娘はなぜ夫の姉の子どもと同級生で生まれてきたのですか?
A:これからのお楽しみです。

Q:○○先生の反射区治療は今後も娘に必要ですか?
A:要りません。

Q:娘の身体をこれからも守ってくれるツールは何ですか?
A:身体のセンサーです。彼女のこころに従って生きます。あなたはただ見守って、好きなことをさせてあげなさい。彼女の笑顔を守りなさい。大自然に触れさせなさい。狭いところに閉じ込めないで、いっぱい自然と関わらせなさい。失敗しても構いません。自然と大地を知れ。

Q:娘の食事指導をお願い出来る人はいますか?
A:はい。奥山先生です。

Q:内科は○○に転院した方がよいですか?
A:はい。医師は他に現れます。今の病院は卒業です。アンテナをはって医師を探しなさい。やって来ます。探す努力も要ります。

息子について
Q:息子の今生の目的は何ですか?
A:人生をやり遂げることです。
Q:息子から私は何を学んでいますか?
A:理解不能なことを学びなさい。わけがわかならいこと・・そういう人もいるんだということを学びなさい。
Q:息子は私から何を学んでいますか?
A:母を知ることです。自分の不安と向き合うことです。自分を信じることです。自分を信じられれば、強くなれます。コツコツと負けないでやり続けなさい。自分の道を信じなさい。するべきことだけを切り取ってやってみなさい。

Q:息子はなぜ病なのですか?
A:わかりません。そういうこともあります。
Q:病で何か困ることはありますか?
A:あります。それも経験です。すべき経験です。
Q:息子の病はどうしたら治りますか?
A:放っておいてよいです。何かあれば対処すればよいです。それも人生です。完璧ではありません。
Q:息子の肝臓は大丈夫ですか?
A:生活の仕方次第です。規則正しくして負担をかけない、ストレスを溜めない、自分の感情のコントロールを上手にしなさい。砂糖を控えなさい。自分を大切にしなさい。大丈夫でない時があってもよいのです。思いっきり生きなさい。
Q:息子の病は誰の学びのために起きている病なのですか?
A:自分自身のためです。こういうこともあるんだな、そうして身体の声を聞きなさい。
Q:息子は病のことを気にした方がよいですか?
A:頭の隅に置いておいた方がよいです。本当のところは分かりません。

Q:息子は○○へ行かせた方がよいですか?
A:はい。強くなれます。さみしがりますが魂は喜びます。本当の幸せに気づけます。彼のペースを大事にして、少し時間はかかりますが、つきあってあげなさい。ちゃんと役目が来ますから。
Q:息子は私にとってどんな学びの存在ですか?
A:手放すことを覚えなさい。信じなさい。大丈夫です。

Q:息子が食べてはいけないものはありますか?
A:海のもの。貝・・・毒があります。

Q:息子が霊障から自分を護る方法はありますか?
A:はい。自然に触れることです。動物や木に触れることです。敏感になります。自然にもっと触れなさい。裸足になって触れなさい。そこから強くなります。とにかく裸足です。

Q:息子はなぜいつも愛情不足な感じなのですか?
A:自然不足です。伸び伸びと育ててあげなさい。外に出しなさい。彼に合う友人に出会えます。自然の中で子どもたちと遊びなさい。親じゃなくて自分の社会を欲しがっています。あなたが手伝いなさい。それが愛です。

Q:息子はなぜいつも私の愛情を疑うのですか?
A:信じて欲しいからです。手放しなさい。いずれは出来ると思うことです。その先は彼が決めることです。本当に大事なことだから教えなさい。自分を大切にすることを考えて、自分を守ることを教えなさい。

 

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

前へ
  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter