院長ブログ

2018.12.13更新

執筆中の「幽幻医学」から・・・
16日(日曜)のヒカルランド・セミナーでは、こういう旬のお話もしますよ。

 幽幻医学の限界
 幽幻医学でも治せない幻覚妄想の人たちがいます。
 症状の内容、程度や重さは、関係ありません。
 病の神さまは、いつも、誰にでも言い放ちます。
「本気でかかってこい! 真剣勝負だ!」と
 三次元世界には、三大どん底がありました。
 病と愛(人間関係)と財(お金)です。
 同時に3つとも持つことも、3つとも失うこともできませんでした。
 三次元世界は、学びの世界でした。
 どれかを背負って生きていくことで、さまざまな彩りの慈愛と感謝を学んでいました。
 五次元世界には、病はありません。誰もが慈愛と感謝に満ちあふれた世界ですので、愛を学ぶ必要はありません。女性生の分かち合いの世界ですので、財は意味を失います。
 誰もが3つの呪縛から解放されて、自由に「今を楽しむ」世界が五次元の世界ですので、もう「どん底」もありません。
 三次元世界で苦しんでいた病を消し去るには、五次元世界にジャンプアップしてしまうしかありません。
 幸いにして2020年末までは、その五次元世界は、この世を成している三次元世界の中にあります。町の銭湯に行って、脱衣場で素っ裸になって、ガラッとお風呂場の扉を開ければ、そこに五次元世界が広がっていた・・・ようなものです。三次元から五次元へ繋ぐ銭湯ですから、三五銭湯ですね。
 素っ裸になる。
 本人はもちろんのこと、病人を介護する伴侶や家族も素っ裸にならなくてはいけません。
 服を着たままでは風呂場に入れません。
 まず簡単に脱げるのが財です。お金や財産、権利、肩書き、プライド・・・死んだら、あの世へ持って行けないものは、簡単に脱ぎ捨てられます。タオル1枚でも持って入ったら、病の神さまに瞬殺されてしまいます。
 財を手放せないのは、今を生きていないからです。「将来の不安」を口にする人たちは、「今」を見失っています。将来は未来ではありません。未来の中には、あなたの居場所はありますが、将来の中には、あなたはいません。将来は、あなたがしがみついている不安の陰影でしか過ぎません。
 財が手放しやすいのは、形があるからです。貯金通帳の数字だったり、名刺の肩書きだったり、仕事ができる資格だったり、ブランド品や車だったり・・・とても簡単です。
 ちょっと難しい?のが、人間関係を脱ぐことです。「これが愛だ」と、三次元世界で確信していた信念さえ、掛け湯をした途端に三次元の垢となって流れ落ちてしまいます。
 人間は愛を失うと、大パニックに陥ります。「死んだ方がましだ」とさえ言います。
 人間関係は、支配と依存で呪縛されています。
 良い子でいる、もっと良い子になる呪縛です。
 幽幻病も霊障病も、ガンや難病奇病などの万病を突き詰めていくと、必ずこの「〜あるべきだ「「〜なるべきだ」の「べきべき病」に行き着きます。三次元世界では、この「べきべき病」は常識であり当然とされてきました。しかし、五次元世界では、三次元世界の常識はことごとく猛毒扱いです。猛毒をかぶったまま、五次元世界へは入れません。風呂場でしっかりと隅々まできれいに洗い流してもらわないと、五次元世界の扉は開きません。この時、幽幻病や霊障病の根本原因と学びにやっと気づけることがよくあります。
 素っ裸になって、三次元の垢をきれいに洗い落として、湯船に浸かりましょう。
 三次元世界から五次元世界へと入る扉は、すでに開いています。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.12.11更新

いよいよ今週末、16日(日曜)は、東京 ヒカルランドさんで「黄泉医学」出版記念セミナーを開催します。

黄泉の世界=四次元世界です。

三次元から五次元へジャンプアップを果たした2018年ですが、

四次元の黄泉世界を知らないままだと、例え五次元世界へ移行できたとしても、すぐに底抜けして三次元へ転落してしまいます。

四次元の黄泉世界は、五次元世界の床に当たりますからね。

ベニア板の床は・・・ありゃりゃぁ

当然ですが、龍神も覚醒しません。まぁ、三次元で眠っていたい人たちは放っておきましょう。

死んだらどうなるの? を知らないと、四次元世界の黄泉国の人たちと交わることができません。

イザナミ・アタック!で、三次元の恐怖・不安・悲しみに襲われ、三次元世界から離れられない、捨て去ることができません。

黄泉医学は四次元世界を描いた本です。五次元世界では、常識のことばかりです。

そんなことも知らないの? な困ったちゃん、残念君は、三次元に落ちていきます。

もうひとつ、四次元の黄泉のことを知っていると、あなたの守護霊、守護神と親しくなれます。

守護霊の姿が見えたり、存在に気づいたり、声が聞こえたり・・・増えます。

守護霊・守護神にちゃんと見守られている、いつも助けられている実感がアップします。

神さまたちの口グセ「大丈夫」の神意がわかります。

そしてもうひとつ。

四次元の黄泉のことを知らないまま、三次元から五次元へジャンプアップしてしまうと、

悪い宇宙人や悪戯好きな高次の意識体などの「悪い○○」の幻影が残ります。

五次元は直感やテレパシーが通信・交流ツールの主体になりますが、そこに邪悪な? 悪戯な? メッセージが混じったり、あれれ? なことが起こったりしてしまいます。

四次元の黄泉の世界は、このように五次元の光の世界を縁の下からしっかりと支えてくれている世界です。

目立たないけど、とても大切な世界・・・それが黄泉の国です。

黄泉の話なんて、小学生レベルの常識じゃん! の五次元世界の住人さんと

このまま三次元で眠っていますので、私には関係ありません・・・な方々は、来なくて結構です。

ご自分の龍神を覚醒させたい方

2020年の年末を五次元世界で迎えたい方

五次元世界の朋友と出会いたい方 は万難を排しても参加すべきセミナーですよ。

☆☆☆  ☆☆☆  ☆☆☆  ☆☆☆  ☆☆☆

『黄泉医学 死に方の極意』出版記念セミナー


☆ 講師:奥山輝実


☆ 12月16日(日)



なぜか治らない「なぜか病」。
そんな現代人を苦しめる病に、
霊障という視点で向き合い続けてきた自然医学医・奥山輝実氏。

脳外科専門医としての経験を生かし、
現代医療で99.9%否定されてきた霊障病に迫った『霊障医学』。

しかし、霊障医学には、まだ続きがあった!

医療も宗教も教えてくれない
「死んだら、どうすればよいのか?」
という問いに、自然医学と前世療法の知見から、
死に方の極意を語ります!


☆セミナースケジュール☆

13:00開場

13:30~14:30
講演「黄泉医学から学ぶ 失敗しない死に方の極意!」
講師:奥山輝実先生

14:40~15:40
光の前世療法
お試し版「あなたの守護霊さんがわかる過去生へ」

15:40~15:50
光の前世療法 シェア

15:50~16:20
時間の許す限りお答えします!
「この際だから、奥山先生に聞いてみたい霊障のこと」

16:30 終了予定

 

【講師】奥山輝実

【日時】2018/12/16(日)
 開場13:00 開演13:30 終了予定16:30

【料金】8,000円

【会場】東京:ヒカルランドパーク
 東京都新宿区津久戸町3-11 TH1ビル飯田橋7F


お申込み:ヒカルランドパーク
info@hikarulandpark.jp

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.12.10更新

幽幻医学のつづき

 2020年末までに三次元世界から五次元世界へジャンプアップするためのキーワードは「浄化と統合」です。
 浄化は、不要なものや汚れたものを捨て去ることから始まります。
 神の姿、神の声の張本人の中で気をつけなければいけないのは、恐怖、悲哀、絶望といった、こころの内面に秘められたトラウマからの逃避場所としての「神」です。虐待やレイプなどの外的なトラウマに押し潰されそうな時はもちろんのこと、母子間の愛にまつわるさまざまな葛藤からの逃避場所に「神」がなることが往々にしてあります。「神」を逃避場所に選ぶ人は、生きようとする意志があります。神の姿は慈愛に満ち、神の声は無条件に受容しながら叱咤激励もしてくれます。
 五次元世界へジャンプアップするためには、そんな大切なこころの避難場所も捨てなければいけません。恐怖や悲哀や絶望は、五次元世界へは持って行けないのです。
 そのためには、今生だけでなく、過去生で生じた同類のトラウマをすべて昇華することが求められます。軸足を五次元世界にしっかりと置いて、えいや! と「神」という避難場所から五次元世界へと飛び込まなければいけません。
 五次元世界は神々や龍神たちの世界だ、と頭ではわかっていても、いざ飛び込む! となると、どうしても不安や恐怖に襲われます。しかしもう、三次元世界へは戻りたくはないので、こころの避難場所はありません。
 五次元世界がクローズドだった2017年までは、幻覚妄想を捨て去ることは、とても困難でした。外的・内的なトラウマからの逃避場所が「神」や過食、薬物・酒・タバコ・ギャンブル・セックス依存しかなかったからです。
 2018年からは、心身の新たな逃避場所が五次元世界になります。ただ、そんな五次元世界を語り、導ける医療者はまだまだわずかです。
 医療者自らが、まず自己の浄化と統合を果たさなければいけませんが、これは医療者にとってエベレスト級に高いハードルです。ほとんどの医療者が三次元世界で眠ったままか、仮に目覚めたとしても、そのハードルのあまりの高さに怖《お》じ気づいて、再び眠ってしまうことでしょう。
 重度の霊障病の方々を治療していくと、やはり最後はこの避難場所と浄化の壁に突き当たりました。どんなに重度の霊障でも、過去生や平行次元やインナーチャイルドを根気よく解放していくことで、比較的容易に祓うことができしたが、最後に残ったこの避難場所と浄化の壁の前で、いつも治療が立ち往生してしまいます。
 心身の避難場所を五次元世界に移行するには、患者さん本人の気づきが必要です。
 母へのこの思いが根源だったんだ・・・という気づきと納得が、辛く、苦しく、悲しかった三次元世界を浄化して、すべてを慈愛と感謝に統合してくれます。
 それでも避難場所が要りますか? 実はもう必要ないのです。
 五次元世界には、もう心身の病がなくなってしまう理由のひとつがここにあります。

 神の姿も神の声も、五次元世界では当たり前です。病ではありません。ちょっとした個性ですから悩む必要はありません。
 幽幻医学で診る医師は、神とも朋友です。神と同じ「王の目」で、患者さんも病も診ます。
 神の姿、神の声が過去生にあれば、過去生での思い込みや誤解、信念を解放すれば良いのです。
 未来生からの神の姿、神の声ならば、未来を上書きしてしまえば良いのです。
 平行次元からの神の姿、神の声ならば、直近の人生の節目から学んであげたり、リフレーミングしてあげれば良いのです。
 死ね、くたばれ、お前なんか・・・という神なら、その神の根源を患者さんと一緒に探っていきましょう。光の前世療法も龍神覚醒術も大いに役立ちます。
 そして、どの神も行き着くところは「今この時」の愛の中に居ます。
 愛されたい、愛したい。
 この宇宙は愛の宇宙ですから、愛されたいのも愛したいのも当然です。
 だって、あなたも宇宙も愛でできているのだから。
 体の病も、こころの病も、魂の病も、病の根源は「愛」です。
 病を神の目、王の目、愛の目で診れば、その人の病の治し方が見えてきます。
 病の意味、学び、気づきに導くには、手練手管を要します。どんな手を使っても、最後は患者さん自らが気づかなければ、病は治りません。
 逆に言えば、どんなに末期症状でも瀕死状態でも、患者さんが気づけば、病は消え去ります。なぜなら、それが宇宙の法則だから。
 幽幻医学は、そんな愛の医療なのです。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.12.08更新

 神の姿・神の声の張本人は誰でしょうか?
 神意識や「自分を見つめている大いなる目」と交信している人もいます。
 宇宙意識や宇宙人たちと交信している人もいます。
 地球意識や地底人たちと交信している人もいます。
 岩石や動植物たちの集合意識と繋がってしまう人もいます。
 五次元世界が開いた今、四次元世界も当然、開いていますので、守護霊たちと交信している人もいます。
 まだ三次元世界と五次元世界はハイブリッド状態ですので、三次元世界の悪霊や悪邪の意識体と繋がってしまう人もいます。
 過去生、未来生、平行次元の自分と繋がってしまう人も多いです。
 過去生も、今の自分の直系のような時系列的に繋がる前世たちと繋がる人だけではありません。
 今の仕事や生きざま、伴侶や父母や特定の人物との人間関係、今の自分自身がぶつかっている壁といった数多《あまた》の転生たちに共通する人生節目ばかりと繋がってしまう人も増えました。
 この時代、この国、支配と奴隷、男と女、貧富優劣・・・にスポットライトを当てた人生節目ばかりと繋がってしまう人も多いです。
 三次元のままの未来生も、五次元にジャンプした未来生もあります。もちろん四次元の黄泉国の住人と交信する人もいます。
 ひとつの人生には、とても多くの人生の節目があります。そのひとつひとつの節目から、別の人生が生まれます。そんな別の「今生」と繋がってしまう人も増えました。
 どれが異常?
 三次元世界では、どれも異常でした。人間の五感で「わかるもの」以外は、この世にあってはならない、許すことのできない異常でした。
 どこが異常なの?
 五次元世界では、どれも普通です。何も感じなくても、全部と交信できても、ひとつだけ、ふたつだけと交信できても、どれも普通です。優劣などありません。
「あっ そうなの」な感覚です。
 あなたの今生を振り返ってみましょう。
 この世に生まれた瞬間は一本の幹です。
 一本の幹からどんどん枝分かれしていきます。どんどん年月を重ねていって緑豊かな木となって見えた時、あなたも「神の目」になっています。
 一枚一枚の葉っぱがひとつの今生です。
 青虫にとっては、自分が食べている一枚の葉っぱが「今この時」です。
 蝶々になれば、木を見ることができます。これが「神の目」の入口です。
 空に浮かぶ雲になれば、木々は森になって見えます。これも「神の目」です。
 神の姿、神の声が聞こえる人たちの中には、この神の目を持っている人もいます。
 青虫には、それが理解できません。
「わけのわからないことをグダグダ言ってないで、黙って葉っぱを喰っていろ!」と叱られます。
 三次元世界は、青虫の世界でした。
 四次元世界は、蝶々の世界です。
 五次元世界は、雲を従える龍神の世界です。
 神の姿が見たい、神の声が聞きたい、神と繋がりたい・・・三次元世界では、難行苦行の精神修養が必要でした。
 五次元世界となった今、誰もが修行もお布施もなしで、神と繋がることができます。
 私が神であり、王であったことに気づきます。
 龍神は、王の想念を具現化してくれる忠実な使徒だったことを思い出します。
 古《いにしえ》の三次元世界で、神の姿、神の声と繋がっていた人たちを思い起こしてみると、ほら! みんな「わたしは王」な言動だったでしょう。そんなどこか見下された雰囲気に腹を立てて「こいつは精神病だ!」と虐げてしまったのが三次元世界であり、精神医学の本質でした。
 もうそんな野蛮で低波動な世界は、終わりを迎えました。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.12.07更新

「幽幻医学」 書き始めてます(^^ゞ

 第1章 精神医学が壊れた!
 まず左記のADHD診断テストをやってみましょう。(アメリカ精神医学会診断基準)

a.細やかな注意ができず、ケアレスミスをしやすい。
b.注意を持続することが困難。
c.上の空や注意散漫で、話をきちんと聞けないように見える。
d.指示に従えず、宿題などの課題を果たせない。
e.課題や活動を整理することができない。
f.精神的努力の持続が必要な課題を嫌う。
g.課題や活動に必要なものを忘れがちである。
h.外部からの刺激で注意散漫となりやすい。
i.日々の活動を忘れがちである。
 a〜iの不注意症状が6つ(17歳以上は5つ)以上あり、六ヶ月以上持続する場合。

a.着席中に、手足をもじもじしたり、そわそわした動きをする。
b.着席が期待されている場面で離席する。
c.不適切な状況で走り回ったり、よじ登ったりする。
d.静かに遊んだり、余暇を過ごすことができない。
e.衝動に駆られて突き動かされるような感じがして、じっとしていることができない。
f.しゃべりすぎる。
g.質問が終わる前にうっかり答え始める。
h.順番待ちが苦手である。
i.他の人の邪魔をしたり、割り込んだりする。
 a〜iの多動性・衝動性の症状が6つ(17歳以上は5つ)以上あり、六ヶ月以上持続する場合。

 どうですか? あるある・・じゃないですか?
 心配要りませんよ! 私が知っている精神科専門医たちの多くは、重度のADHDに当てはまります。ベンチャー企業で成功されている社長さんたちもADHDになりますし、ヒカルランドの石井社長などは「歩くADHD」の代表格です。歴史上の名を残した偉人たちの多くにもADHDが見て取れます。
 ADHDの方が成功できる、名を残せる、生きがい人生を全うできる! のなら、ADHDを抑える薬ではなく、ADHDになれる薬の方がもてはやされそうですよね。
 2018年は、精神医療の嘘と闇が一気に暴かれ始めた年となりました。もう個性や才能を精神病だと決めつけて、精神薬漬けの廃人にしてしまうことが難しくなってきたのです。
 精神医療の瓦解《がかい》は、素晴らしいことです。新しい世界の幕開けを実感できます。
 しかし一方で、幻視や幻聴などの幻覚や妄想に悩む人たちが急増しているのも事実です。
 旧来の向精神薬では幻覚・妄想は治せません。
 それは、症状を抑え込む対症療法だっただけでなく、脳機能も精神機能もズタズタに破壊して、再起不能にしてしまう恐ろしい治療でした。減薬、断薬するまでに何年もの間、地獄の苦しみを味わわなければならないこともしばしばでした。
 そんな精神医療が消え去るのは大歓迎すべきことですが、「では、幻覚・妄想をどう治療するの?」という受け皿がないのも確かなことです。
 自然医学や波動量子医学や漢方鍼灸医学は、幻覚・妄想の受け皿治療のひとつになります。が・・・弱い。
 幻覚・妄想に医療者として、どのように向き合っていけばよいのか?
 幸いにして、私は「光の前世療法」や霊障医学、黄泉医学といった医術を神々や高次の存在たちから授かってきました。
 この「幽幻医学」では、新しい幻覚・妄想への向き合い方をお伝えしていきます。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.12.05更新

「龍神覚醒術」を書き終えました。まだ出版できるかどうか? はわかりませんが、宇宙と神さまたちから、「まずこれを書き上げなさい!」と催促された本です。

病も、人間関係も、仕事も、お金も、愛も・・・「浄化と統合」がキーワードのあと2年です。
すべてを手放して、新たな生きがいベクトルをしっかりと持たないと、龍神は目覚めません。
さぁ 急がなくちゃね! ということで、エピローグをどうぞ!


 五次元の龍神世界へようこそ!
 龍神覚醒したあなたは、すでに五次元の世界にいます。
 三次元の世界とどこが違うの?
 最初は誰でもそう思います。
 2020年の終わりまでは、まだまだ三次元優位のハイブリッド状態ですので、自分の五次元意識スイッチをカチッと入れないと、五次元を認識したり、楽しんだりはできません。
 2021年からは、五次元優位が始まります。11年間かけて、見えている&暮らしている世界が次第に五次元優位に変容していき、2032年には完全に五次元世界となっているでしょう。
 スイッチを入れれば、あなたの龍神が見えます。話もできます。触れることもできます。
 龍王として命じれば、あなたの龍神が想念を具現化してくれます。
 龍王の天命成就のために、奮闘努力を惜しまず働いてくれます。
 龍王の不老長寿のために、心身魂を絶えず浄化してくれます。
 世界中を飛翔して、めぐり会うべき龍王の伴侶との縁《えにし》を結んでくれます。
 神々と天地自然と宇宙とあなたの間のメッセンジャー役も、もちろん欠かしません。
 とても有能な秘書である龍神は、あなたに数々の幸せをもたらしてくれます。
 あなたの慈愛と感謝がますます深まり、五次元世界に行き渡るように、万全を来してくれます。
 それが龍神の最大の喜びでもあるからです。
 龍神の喜びは、神々の喜びでもあります。天地自然の、宇宙の喜びでもあります。
 喜びはめぐりめぐって、あなたの喜びともなります。
 五次元世界をめぐる喜びが、どんどんと大きく美しく眩しくなっていきます。
 笑顔が、喜びと幸せが、慈愛と感謝が満ちあふれる世界が五次元の龍神世界です。
 そこは、龍神覚醒したあなたが主役の世界です。
 さぁ 来たるべき五次元の龍神世界を思いっきり楽しみましょう!

 

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.12.04更新

 三次元世界からの卒業術
 龍神覚醒術には、最後に卒検があります。
 三次元世界から五次元世界へと次元上昇するために、誰もが突き破らなければならない壁です。
 三次元世界では、誰もが ①病 ②人間関係(愛) ③お金 のどれかで悩み苦しんでいます。
 ふたつを背負って、もがき苦しんでいる人もいますが、3つとも背負っている人はいません。逆に、ひとつも背負っていない人もいません。誰もがひとつ〜ふたつの重荷を背負いながら、人生を喜怒哀楽、艱難辛苦しながら生きています。
 人生の重荷は、気づきと目覚めをもたらしてくれます。
 三次元世界のまま、輪廻転生を繰り返したい魂たちの中で、まだ波動の低い魂は、ひとつの人生に重荷はひとつです。波動が高まってくると、ひとつの人生でふたつの重荷を背負います。
 人生の重荷は、魂の研磨剤です。
 磨けば磨くほど、魂の波動は高まり、魂の輝きが増します。
 魂の波動が高まると、背負っていた重荷の蓋を開けて、中から気づきを得ることができます。
 こうしてひとつの重荷から気づきを得ると、その重荷は人生から消えてしまいます。
 そして、次の重荷を背負って、人生を歩み始めます。
 気づきと学びの繰り返しですから、「地球は魂の学びの学校だ」と呼ばれてきました。
 2015年頃から、まるで椀子そばの早食い競争のように、次から次へと人生の重荷を背負わされる人が増えています。
 気づきと学びの会得が早まったのは嬉しいのですが、それまでの平凡な時代ではあり得なかったような、とんでもない重荷をドーンと背負わされてしまう人たちが急増しています。
 それは代わる代わる襲いかかってくる3つの重荷のすべてから、とても高度な気づきと学びを早急に会得するように、神々から仕向けられている人たちです。
 病も人間関係もお金も、これまでの幾多の人生で経験したことがなかったような「どん底」に落とされます。
 原因不明で治療困難だとされた究極の霊障病で、寝たきり療養の「どん底」に落ちた人もいます。
 両親の突然死に兄弟姉妹との絶縁が立て続けに起きたかと思えば、会社の倒産と青天の霹靂な離婚訴訟という「どん底」に落ちた人もいます。
 医者だから「病」の学びは来ない、資産家だから「お金」の学びは来ない・・・もありません。
「神さま、そう来たか!」な、とても巧妙な手で三つの気づきと学びをクリアさせられるのが、ここ最近の魂の学びの特徴です。
 2018年に入って、三つの気づきと学びをクリアできた人たちには、三次元世界からの卒業検定が訪れています。
 三つの気づきと学びが本物かどうか? ちゃんと生かしているか? の卒検です。
 五次元世界へ入るのは、それほど難しいことではありません。
 三つの「どん底」で会得してきた気づきと学びが本物なら、誰でも合格できるイージーな卒検です。
 三次元のどん底で「そうか!」と気づいた学びを神さまにチラッと見せるだけで合格です。無事に三次元世界を卒業できます。
 でも、まだ三次元世界を寝ぼけ眼でさまよっている人たちには、油断大敵な卒検です。
 ひと言でも「でも・・・」と「だって・・・」「・・・だから」を口にすれば、一発不合格で「どん底」へ落とされます。
 「でも」「だって」「だから」は、三次元世界の核爆弾のスイッチです。一発でそれまでのすべての艱難辛苦の結果を灰燼《かいじん》に帰してしまいます。
 あと一歩で治っていたはずの病が、半年前、一年前と同じ病状に一夜で戻ってしまいます。
 奇跡的な出会いで結ばれた魂の伴侶との間を、一瞬にして千尋の崖谷が隔ててしまいます。
 お金の主となり、お金への隷属《れいぞく》から自由になっていたはずなのに、急に通帳の残高が気になり、不安と恐怖に飲み込まれます。
 あの「そうか!」は、どこへ行ってしまったのでしょうか?
 三次元核爆弾の「でも」と「だって」と「だから」を繰り返す人たちは決まって、「人を○○できない」と言います。
 人を愛せない。人を信じられない。人を許せない。人の有り様《ありよう》を認められない。
 その上、「人から○○されたい」欲求がとても強いです。
 みんなから愛されたい。人から信じられたい。人から許されたい、認められたい。
 光さん(神々やハイヤーセルフなど)は、いつもこう言って一刀両断に切り捨てます。
「まず自分を○○しなさい」
 宇宙は愛そのものです。
 五次元世界は、慈愛と感謝の世界です。
「まず〜しよう」は「そうか!」を生み出します。
 まず自分を愛することから、すべてが始まります。
 自己中、自分本位になって、初めて「王の目の真力」を手に入れることができます。
「そうか!」が息を吹き返して、眩しい光を放ち始めてくれます。
「そうか!」の瞬間、三次元世界とは全く違う方法や発想の上にいます。
「そうか!」 気づいたら、別の平行次元の自分に乗り移っています。
 五次元世界で龍神の主となった自分になっています。
 五次元波動の人には当たり前で、飛び石を跳ねるように楽しい「そうか!」なのですが、三次元世界に残る人たちは、なぜかこれを拒絶して諦めてしまいます。
 三次元世界からの卒検問題には、必ずこの「まず○○しよう」「そうか!」が出ます。
「でも」「だって」「だから」では、一発落第です。
 龍神覚醒術のキモは、ここにあります。
 2018〜20年の3年間を、この地球上で過ごすチャンスをいただいている人たちは、誰もが龍神覚醒して五次元世界を楽しめるはずです。
 もちろんこの本を読んでしまったあなたは、早々に五次元世界の住人となるべき人です。
 あなたの魂の輝きを目印にして、後から多くの人たちが、あなたが切り開いた道を登って来ます。
「そうか!」「そうか!」と言いながら、五次元への覚醒道を登ってきます。
 みんな、色とりどりの龍神を従えて、登って来ます。
 五次元から登って来る人たちに声援を送っているあなたは、誰をも愛せる人になっています。
 すべてを許して、すべてを認めて、すべてを信じられる慈愛と感謝の人になった未来の自分自身を見つめてみましょう。
 ふっと「ニコッ」と視線を感じれば、そこにあなたの龍神が待っていてくれていますよ。
「そうか! これが私の龍神なんだ!」
 五次元世界での最初の気づきの瞬間です。
 さぁ あなたの龍神さんは何色かな?

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

2018.12.03更新

究極の霊障病さんがとうとう病全快まであと一歩まで来て、神さまたちから病の卒業証書と祝福メッセージを受け取り、ガイドとしてもホッとひと息ついた翌日・・・その「あと一歩」を踏み外して奈落の底へ・・・エベレスト登頂で言えば、頂上まであと一歩から麓のベースキャンプへ転落してしまいました。

何が起こったのだろう?

奈落には、この病の根元が居ます。
病の根元と対峙しなければならなかったのです。

頂上近くでは、すっかり五次元世界に馴染んでいた霊障病さんですが、奈落で見せてくれる言動には、この病の発症時の様子がありありと再現されています。
もちろん心身魂の波動も三次元どっぷりで、どんどん三次元の悪しきものを引き寄せてきます。
これが数年間続いた偏食の原因だったのか・・・
これが主症状の根本原因だったのか・・・
これが実は病苦の根源だったのか・・・

これらの病の根本原因を浄化&統合する必要があったのでしょう。
だから、頂上からアラレちゃんの如く奈落まで一気に駆け下りてしまった・・・大切な忘れ物を取りに帰るように。

三次元波動から五次元波動へ上昇移行する際、徹底的な「浄化と統合」に見舞われる人がいます。
五次元世界のリーダーたちは、すでにこの「浄化&統合」をくぐり抜けています。

皆さんは伊弉冉尊(イザナミ)をご存じですか?
(wikipediaより抜粋)
天地開闢において神世七代の最後にイザナギとともに生まれた。オノゴロ島におりたち、国産み・神産みにおいてイザナギとの間に日本国土を形づくる多数の子をもうける。その中には淡路島・隠岐島からはじめやがて日本列島を生み、更に山・海など森羅万象の神々を生んだ。
火の神軻遇突智(迦具土神・カグツチ)を産んだために陰部に火傷を負って病に臥せのちに亡くなる。
死後、イザナミは自分に逢いに黄泉国までやってきたイザナギに腐敗した死体(自分)を見られたことに恥をかかされたと大いに怒り、恐怖で逃げるイザナギを追いかける。しかし、黄泉国と葦原中津国(地上)の間の黄泉路において葦原中国とつながっている黄泉比良坂(よもつひらさか)で、イザナミに対してイザナギが大岩で道を塞ぎ会えなくしてしまう。イザナミは閉ざされた大岩の向こうの夫にむかって「愛しい人よ、こんなひどいことをするなら私は1日に1000の人間を殺すでしょう」と叫ぶ。イザナギは「愛しい人よ、それなら私は産屋を建てて1日に1500の子どもを産ませよう」と返した。そしてイザナミとイザナギは離縁した。
この後、イザナミは黄泉の主宰神となり、黄泉津大神、道敷大神と呼ばれるようになった。 

黄泉の国は死後の世界です。
四次元波動の世界は、この死後の世界と合一して、死者が普通に見えて会話できます。
黄泉比良坂を駆け上がる姿と五次元から三次元へ駆け下りる姿が見事に重なって、新たな気づきを得ました。

「イザナミ・アタック」

黄泉の国でのイザナミの体は、腐乱してウジが湧いていました。
三次元的に、見た目最低最悪だったわけです。
イザナギは驚いて地上の三次元世界へ逃げます。争い、憎しみ、恨み、悲しみ、封印・・・三次元世界のオール・ネガティブがパンドラの箱を開けたように三次元世界に拡がっていきました。

もし、イザナギがイザナミの外見ではなく、魂の輝きを見ていたら、どうなっていたでしょうか?

イザナミ・アタックは、愛を試されます。

病の人を愛せるか?
貧乏どん底の人を愛せるか?
愛を忘れた人や人間関係ドロドロの人を愛せるか?
あるがままを素直に認めれば、魂の輝き、魂の縁、魂の約束を思い出せます。
認める愛を試されます。

見返りを求めない愛
外見や現状ではなく、魂への愛
慈愛と感謝を試されます。

未来を信じる愛、その人を信じる愛、縁を信じる愛
信じる愛を試されます。

罵詈雑言を浴びせかけられたり、こころを傷つけられたり、
失敗、挫折、落胆、失望・・・それでも許せる愛を試されます。

イザナミ・アタックは、病、貧、寂、疑という慈愛の研磨剤を浄化して、愛を五次元波動と統合するための最終試験です。

病、貧、寂、疑の根源へと立ち戻れば、病や不遇不幸の根本原因が襲いかかってきます。

それでも、目を見開いて、その根本原因を見て、気づけば、目の前にあった巨大な山のような壁も消えてしまいます。
残るのは慈愛と感謝だけです。
そして、その向こうには五次元世界が広がっています。

イザナミ・アタックは、病、貧、寂、疑、愛の奴隷にはクリアできません。

病、貧、寂、疑、愛の主=「目の真力」を持った王にしかクリアできません。

五次元世界には、そんな王しかいません。だから、五次元世界には、病、貧、寂、疑がないのです。

投稿者: 医療法人愛香会 奥山医院

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter