日々の統合医療のあれこれを、心身一如のもとに綴ります。

2016.09.18更新

リオ・パラリンピックも終盤を迎えました。

「漢方鍼灸治療で発達障害の子供はよくなりますか?」

これまで何度もお尋ねいただいた切実なお問合せです。

iPhoneが登場した時は、まだ漢方治療だけでした。

iPhone3の頃、鍼灸を始めました。

iPhone6の時に、吉川正子先生から陰陽太極鍼を学びました。

さぁ iPhone7の時代です。こちらも最新型です。

iPhoneの進化と共に、漢方&鍼灸の智恵と治療力も進化しています。

漢方治療だけでは、発達障害の治療は難しかったです。

湯液は飲んでくれません。

鍼や刺絡で氣血を動かす治療を併用して、やっと治療効果が現れました。

鍼治療は、水が湧き出る井戸に沈む宝箱を探すようなものです。

水を汲む回数と水が湧き出す量との競争です。

どんどん水を汲み上げていければ、井戸の底から宝箱を引き上げることができます。

発達障害の子供さんは、何かひとつ、ものすごい能力&才能を持っています。

本人もまわりも、まだその宝物に気づいていないだけです。

漢方&鍼灸治療を根気よく続けていくと、その宝物が見えてきます。

まず本人がそのお宝に気づきます。

フッと絵を描いてみたくなる、メロディーを録音してみたくなる、粘土をこねてみたくなる・・・

動物とお話をし始めても、月を見ながら踊り出しても、決して精神科には連れて行かないでくださいね。

おじゃる丸の世界でもいいじゃないですか。

それはものすごくクリエイティブだということ、将来がとても楽しみです。

漢方&鍼灸治療で、発達障害の西洋医学的な重症度がどんどん改善していくということはないかもしれませんが、

漢方&鍼灸治療を続けている間に、その子の持っているお宝を見つけ出して、人生をキラキラ輝かせることは出来ます。

それが「発達障害が治る」ということです。

発達障害の子供たちを引きこもりや共依存などにせず、笑顔で自分の人生を歩んでいけるようにするには、漢方&鍼灸治療とスピリチュアルケアが大いに役立ちます。

投稿者: 奥山輝実

2016.09.17更新

「まだまだ血圧が高いから、血圧のお薬を増やします、と言われましたが、そんなにたくさんのお薬を飲んでも大丈夫でしょうか?」と尋ねられました。

70代で小太り、血圧150台の女性です。その先生曰く

「120まで下げなきゃいけません」

40代前後までの専門医によくいらっしゃるタイプです。

データー最優先。

「ふらついてしんどいです」の生の声に耳を貸しません。

この患者さまをアーユルヴェーダの脈診で診てみると、ピッタが勝っているので日中は血圧は上がります。

夜はちゃんとカパが優位なので睡眠は良好で、血圧も落ち着いています。

夜間の血圧はすでに120前後でしょう。

ここに降圧剤を増やすと、夜間脳梗塞の危険性が増えます。あな恐ろしや。。。

ロボットは最先端デジタルの集合体ですが、人間はアナログの集合体です。

アナログな人間には、ひとりひとりの歴史と固有のクセや調子があります。

高齢者の高血圧も、その人のヴァータ・ピッタ・カパの優位によって最適な血圧があります。

お薬を最低最小量にするには確たる勇気と自信が要ります。

データー優先&デジタル診療には、そんな勇気も自信も邪魔ものです。

いずれ Dr.ワトソン君が診療も治療もしてしまう医療になります。

僻地の無医村や飛行中のDr.ワトソン君の活躍は大歓迎です。

Dr.ワトソン君は医療費削減にも大活躍するでしょう・・・医者の大失業時代の到来です。

人間のアナログさとは感性と直感です。

9:1の少数でも、その1を選ぶ直感とセンスです。

近未来のDr.ワトソン君が、このアナログ医者をリスペクトしてくれるかどうか?

これは未来医療だけでなく、あらゆる産業や政治経済の未来ビジョンにも言えることです。

ポッポマラソンのように、デジタル医療のドクターは、ワトソン博士にドクターの飴にされちゃうかも・・・しれませんよ。

投稿者: 奥山輝実

2016.09.17更新

妊活中のご夫妻を漢方診察させていただきました。

ご夫婦共に産婦人科的には問題ありません。

奥様を診ると、深部に強い冷えがありました。これが表層の悪血をもたらしています。

根気よく治療すれば、この深い冷えも治ります。

保険診療をご所望でしたので、まずは駆悪血剤を処方しました。

大後頭神経痛による筋収縮性頭痛と強い肩こりには、葛根湯で対症療法しながら、冷えと悪血が治るのを待ちます。

大きな邪が触れた大巨(ST27)と天枢(ST25)には、経穴鍼と夢分流打鍼がとてもよく効くと診ました。

丹田の温灸もお薦めです。

特に自覚症状もなくお元気な旦那様でしたが・・・漢方診では奥様以上に強い冷えがありました。

冷え症を自覚できない男性はとても多いです。

体の芯がひどく冷えていても、仕事で駆け回り、頭脳的に膨大なエネルギーを消費しているので、冷えを自覚できません。

50歳を過ぎると、老化の冷え症(腎虚)を自覚するようになりますが、妊活中の男性で冷えを自覚している方はひどい冷え症だと言えます。

男性の冷え症は、男性不妊症の重大な原因です。

精液検査などで問題なしと診断されても、人工授精しにくい精子や発育しにくい受精卵で不妊治療が失敗するケースも多々あります。

東洋医学的に「この冷えと悪血での妊活は難しいですよ」なケースはよくあります。

老人の腎虚を補する漢方薬や身体を温める漢方薬を男性不妊症にも使います。

ただ老人以上に、温まり元気になった氣血が頭に昇り過ぎてイライラ短気や自己中になったり、動悸がしたりしないように、うまくコントロールする必要があります。

「漢方薬を飲んでみたけど、私には合わなかった」・・・これは漢方の氣血の暴れをうまくコントロールできなかったためです。

この氣血のコントロールは鍼灸の独断場です。

陰陽太極鍼で経穴経絡の氣血を美しく流れるように整えていけば、より効果的です。

氣血が暴れると、衛気(オーラや外氣)も乱れます。

百会の鍼に代表される経穴鍼でも何とかなりますが、

タオ打鍼や外気功を用いると、衛気の凸凹もきれいに整えることができます。

衛気の凸凹は、運気を下げます。

シワクチャな服、傷と泥だらけの車では商談もデートも・・・ダメですよね。

若い男性諸氏も漢方薬で冷え症をしっかりと治すと共に、鍼灸治療で経穴経絡の氣血の流れを美しく力強くしていけば、金運、成功運、出会運・・・あらゆる運気がアップしていきますよ。

投稿者: 奥山輝実

2016.09.15更新

やっと最高気温が30度を下まわるようになってきました。

大阪も秋色に染まってきました。

今年の夏は汗をタップリとかいたから、私の水毒ももう大丈夫だわ!

と安心していませんか?

秋分を過ぎると、陰が深まっていきます。

すでに身体も冬ごもりモードに入っています。

むくみ、多汗症、セルライトといった表の水毒も陰モードで内に向かいます。

はっきりとした水毒症状としては自覚しにくくなります。

内にこもる水毒は、冷えを増強します。

その冷えは血を滞らせて、悪血を増大させます。

冷えは氣を滅入らせます。

身体のなんとも言えない重怠さの原因は、冷えた水毒です。

物思う秋・・・冷えた氣血ではテンションも上がりません。

別れの秋・・・冷えたオーラは輝きません。

食欲の秋・・・悪玉腸内フローラがどんどん不健康食を食べろ!と指令を出します。

秋を楽しみための健康法が東洋医学にはあります。

どこに水毒・冷え・悪血が籠もっているのか? 

身体の冬ごもりはどこまで準備ができているのか?

漢方診察をすれば一目瞭然です。

そして、最適な漢方薬や鍼灸治療と共に、

腸内フローラの善玉菌を元気に育んでいく秋の食事療法もご提案します。

爽やかな秋。

貴方も爽やかで美しい氣血水の身体にして、今年の秋を思いっきり楽しみましょう!

P.S. もちろん、運気もアップしますよ。

投稿者: 奥山輝実

2016.09.14更新

「漢方鍼灸で眼症状の進行したベーチェット病は治りませんか?」とのお尋ねです。

保険適応のベーチェット眼症状の特効薬治療の効果も含めて、直接診察が必要不可欠な慢性疾患ですが、

漢方鍼灸治療もかなりの効果を期待できます。

ベーチェット病は、眼の炎症・皮膚潰瘍・腸管潰瘍を主とする原因不明の慢性疾患です。

主な治療法には、ステロイド、免疫抑制剤、新薬の特効薬があります。

東洋医学では皮膚は肺です。

肝は眼に開窮するので、肝火が眼に炎症を引き起こします。

心に火が及ぶと、脳炎になります。

ベーチェット病は、肝・肺・心が上炎する疾患です。

漢方診察では、腎陽と腎陰のバランスも診ます。

眼球にも陰陽があります。

ベーチェット病特有のブドウ膜炎は陰が、虹彩炎は陽が冒された病と診ます。

火にあおられた氣・血・水がどこに、どのように病として現れているのかを診ます。

左右の眼と百会から広がる外気のバランスも重要です。

性格や心因は、肝に大きな影響を与えます。

患者さまが語られないことも、ちゃんと脈が語ってくれるので、肝と心の関係も分かります。

ベーチェット病と腸内フローラと関係も見逃せません。

小食療法やグルテンフリーで腸内フローラを整えていく生活指導も大切です。

西洋医学は、ベーチェット病の炎症を抑えます。

漢方鍼灸治療は、陰陽五行のバランスの崩れを整えて、根源から治していきます。

ベーチェット病は寛解・再発を繰り返します。

根源を治すと、寛解・再発の繰り返しも治ります。

西洋医学と漢方鍼灸治療を併用されるのが、ベーチェット病のベストな治療法です。

さぁ、まずは診せていただきましょう。きっと良くなりますよ。

投稿者: 奥山輝実

2016.09.13更新

奥山医院では、統合医療を「心身を診る+生老病死も語れる」医療と定義しています。

西洋医学と東洋医学で身体を診ます。

精神医学とスピリチュアルケアで心を診ます。

生老病死はスピリチュアルケアの出番です。

統合医療は、スーパーよろず診療医です。

エビデンスが命の西洋医学は、CPU1個のパターン化診療になります。

目に見えないもの、デジタル化できないもの、科学的でないものは、すべて切り捨てます。

「漢方薬など効くわけない!」

そんなドクターたちもまだまだご健在です。

パターン化診療に東洋医学が加わると、西洋医学は大混乱します。

CPU1個の単思考では、東洋医学を理解できないからです。

もうひとつ東洋医学用のCPUを増やせば、西洋医学と東洋医学を同時に使いこなせますが、大きなブレークスルーが必要です。

医者の出世コースからはずれてしまいますからね。

スピリチュアルケアで生老病死を語るには、合計3個のCPUが要ります。

東洋医学とスピリチュアルケアは、感性が大切です。

PCのグラフィックボードと内臓メモリーが、この感性を広げてくれます。

パターン化診療ではなく、クリエイティブな医療をしていくには、3個のCPUと高性能のグラフィックボード&メモリーが必要です。

西洋医学の○○専門医はガラケーです。

統合医療はスマホやiPadです。ポケモンGOしながら音楽を聴いて、同時に映像編集も出来てしまいます。

まだガラケーを手放せない人も多いですが、

一度スマホを使ってしまうと、多くの方が「もうガラケーは要らない」と言います。

医療も同じです。

データー画面ばかりを見て、患者さまを見ない没個人な治療から、

東洋医学のオーダーメイドな治療を知ってしまうと、目から鱗です。

統合医療は、西洋医学・東洋医学・精神医学・スピリチュアルケアの美味しいところを「あなたのために」取ってくるダンディな治療です。

ガラケー

投稿者: 奥山輝実

  • 医療法人愛香会 奥山医院 OFFICIAL SITE
  • Facebook
  • twitter